Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

タグ:日本語

「こどもものしりずかん」の話です。図鑑なので、ストーリーはありません。日本語と一緒に英語も載ってます。お子さんと一緒に、固有名詞やあいさつなどの英語との違いを学べる本だと思います。ひとつひとつ、答えを隠して、「これなあに?」とやってみるのも、楽しいかもしれません。 ...

『文章読本』の始まりは谷崎潤一郎。1934年に出された本。当時の文壇では賛否両論だったようだ。現代風に喩えれば「知的な炎上」や「小さな世界でバズる」みたいなものかな。谷崎潤一郎に続いて、菊池寛、川端康成、伊藤整、三島由紀夫などが文章読本を発表した。 ...

↑このページのトップヘ