Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

タグ:ヴィジュアル系

群馬県が誇るロックバンドでヴィジュアル系の先駆者的存在である、BUCK-TICK(以下B-T)のアルバムすべてについて語るシリーズ12回め。 ・ガチガチにゴシックで暗黒『十三階は月光』 ...

群馬県出身のベテランロックバンドにしてヴィジュアル系の先駆者ともいえるBUCK-TICK(以下B-T)について語るシリーズ11回め。今回からは21世紀の作品。 ・戦争と平和をテーマとしたリリカルな作風『極東I LOVE YOU』 ...

群馬県出身のベテランロックバンドで、ヴィジュアル系の先駆者でもあるBUCK-TICKについて語るシリーズ9回め。9回めにして、デビュー10年めのアルバム紹介ですよ。確実に今年じゅうには終わりませんな。全アルバムだからね。書いているうちに次作が出るんじゃないのか?というのも気にせず、今週も好き勝手に行きましょう。 ・無気力電子系・・・合う人には最高らしい『SEXY STREAM LINER』 ...

1984年の結成からずっと同じメンバー、ヴィジュアル系の先駆者にしてアルバムごとに方向性が変わるロックバンドBUCK-TICKについて語るシリーズ8回め。『Six/Nine』で興奮しすぎて3記事にわたってしまいましたが、それだけインパクトの強い作品だったのです。 そして、その次のアルバムがまた、別の意味でインパクトが強く。 ...

群馬県出身のロックバンドで、ヴィジュアル系の先駆者にしてずっと同じメンバーで現役。BUCK-TICK(以下B-T)、第6回めです。・遺書?から始まる、陰鬱な問題作『Six/Nine』Six/NiNe (デジタル・リマスター盤) [CD]BUCK-TICKビクターエンタテインメント2002-09-19前回に続い ...

群馬県出身のロックバンドで、ヴィジュアル系の先駆者にしてずっと同じメンバーで現役。BUCK-TICK(以下B-T)、第5回めです。 ・酒とキラキラとビートロック-BUCK-TICK全アルバム紹介Vol.1- ・アイドル?からだんだん闇へ-BUCK-TICK全アルバム紹介Vol.2- ...

群馬県出身のロックバンドで、ヴィジュアル系の先駆者にしてずっと同じメンバーで現役。BUCK-TICK(以下B-T)、第4回めです。 ・酒とキラキラとビートロック-BUCK-TICK全アルバム紹介Vol.1- ・アイドル?からだんだん闇へ-BUCK-TICK全アルバム紹介Vol.2-  ・闇の中で悲しみを・・・-BUCK-TICK全アルバム紹介Vol.3- ...

前回まで、延々とZIGGYについて書いてきました。 ZIGGYは途中でメンバーが半分になったり変則的になったりして、人間関係があまり安定しなかったのですが、同時期にデビューしたロックバンドで、30年以上の長きにわたってずっと、全くメンバーが変わらない方々がいらっしゃいます。 それが、BUCK-TICKです。 ...

行ってきました。『LUNATIC FEST. 2018』。6月23日と24日のどちらに行くか、直前まで迷っていたのですが、結局は24日の日曜日にしました。23日のDIR EN GREYとGLAYも観たかったのですが、lynch.とMUCCが観たい、というのと、いちおうアニメの『スラムダンク』やドラマの『味いちもんめ』を子供の頃に観ていた世代なので、大黒摩季さんが気になる、そして、もうひとつの理由。 ...

観てきましたよ。hideさんのドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』。1998年5月2日に急逝したX JAPANのギタリストであるhideさんが生前に遺した曲『HURRY GO ROUND』の歌詞から、亡くなる直前のhideさんの状況を紐解いていく・・・という内容で、ナビゲーター役は、いま話題のドラマ『半分、青い。』にも出演している人気俳優の矢本悠馬さんです。 ...

↑このページのトップヘ