シド・バレットは初期ピンクフロイドの中心メンバーだった。作詞、作曲、ギター、ボーカルを担当。ピンクフロイド=シド・バレット。彼の感性を元にバンドは転がっていた。1967年、シングル「アーノルド・レーン(Arnold Layne)」でデビューし、1968年にはピンク・フロイドを脱退。ソロ2作目の『その名はバレット(Barrett)』が発売されたのは1970年。わずか4年と少しぐらいの音楽活動しかなかった。 ...