有名な、宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』です。絵本です。  絵はへたうまで味があります。この童話の味を倍増している気がします。  芸術に命をかけ、癒やされる主人公の話です。動物たちとの交渉が楽しい。  最後のゴーシュのセリフも、印象的です。   ...