銀杏BOYZというロックバンドの歌詞に、 あいつらが簡単にやっちまう30回のセックスよりも 「グミ・チョコレート・パイン」を青春時代に1回読むってことの方が 僕にとって価値があるのさ というフレーズがあります。2005年のアルバム『DOOR』に収録されている『十七歳(...cutie girl don't love me and punk)』という曲のフレーズですが、このアルバムが発売される前に、すでに『グミ・チョコレート・パイン』を読んでいました。それも、17歳の頃。 ...