ここに来て選んだのはまさかの『ぐりとぐら』。私は児童文学に造詣も深くないし、自分が子どもの頃に読み、どこの書店に行っても目に付けばページを繰る程度の読者である。そこを踏まえて、私にとっての『ぐりとぐら』について書いてみようと思う。 ...