『あしながおじさん』をはじめて読んだのは、中学生の時。孤児院の実態を知らなかったわたしにとっては、とても衝撃的でした。ラストまで一気に読んで、あしながおじさんの正体を知ったときは、ジュディといっしょに喜んだものです。今回は、このなかにおける作家になる秘訣のようなものを見つけたので、そのご紹介です。 ...