Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

あすにゃん

グリム童話集です。  赤ずきんとは、彼女のいつも身につけている衣装からとられたあだ名だそうです。オオカミにつけねらわれて、気の毒な話なのですが、赤ずきん素直すぎ!  お子さんの夜のたのしみに、お話ししてみてください。 ...

 グリム童話です。 ラプンツェルとは、いまでいうレタスのこと。となりの魔女の畑に生えているそれを欲しがる奥さんと、その旦那さんの話からストーリーははじまります。ほしいから盗んでいいとは限らないけど、だからって女の子を塔に閉じ込めるなんて……。  お子さんの夜のたのしみに、お話ししてみてください。 ...

 グリム童話集です。 カタカナにひらがなのふりがなが振ってあります。お子さんが一人でも読めるように、配慮しているのでしょうか。  絵がとてもかわいいです。ひとのいい木こり、しいたげられる子どもたち、魔女。  お子さんの夜のたのしみに、お話ししてみてください。 ...

グリム童話集です。十四話入ってます。そのなかの印象的なものをいくつかピックアップしてみました。字は小さめで、絵も入っていますが絵本というより読み聞かせ本のようです。  お子さんの夜のたのしみに、お話ししてみてください。 ...

グリム童話です。森の中で過ごす女の子たちが主人公。運と巡り合わせだけで人生がハッピーエンドになる、夢物語です。うらやましい。それにしてもこびとは、なんでいちいちこの女の子たちに絡んでくるんでしょうね。その謎を子どもたちとシェアするのもアリかもしれません。 ...

プペルは、いじめられっ子のゴミ人間の名前ですが、どこかのサイトに「葛藤がない」と酷評されていましたとおり、いじめっ子との対立は、ほとんどありません。ただ、わたしはこの話、単純に涙が出てきました。ネタバレ注意です。 ...

おおわらいのコメディ絵本、オニのサラリーマン。  表紙を見ると、髪の毛を七三に分けて髑髏の柄のネクタイをした、スーツ姿の赤鬼!  地獄で亡者をいじめる、コワい鬼が、なんと会社勤めをします。  絵も傑作なので、ご一読を。 ...

あまりにも有名な児童書、「かいけつゾロリ」。  今日はそのなかでも、おやじギャグに絞って書かれた大百科のご紹介です。  おやじギャグが好きなのは、親父だけではありません。子どもだって大好きですよね。  思わず吹き出すさまざまなギャグを引用しつつ、考察してみました。 ...

日本、東京の昔話、民話などが入っている、純文学系の童話です。三人のワルガキが、ふとしたことからケヤキの精と知り合い、かれのために調べ物をしているうちに、どんどん危険に巻き込まれ行く話です。楽しんでください。 ...

あまりにも有名な絵本、「はらぺこあおむし」。  なにがそんなに有名なのかな? と思って見てみるとびっくり!  子どもの喜ぶ工夫が沢山ありました。  今日はそんなおはなしです。 ...

幼児向けの絵本「わにわにのおふろ」です。かわいらしい緑色のワニの絵! おとなも子どもも一緒に読んで笑って、おとなは風呂場での懐かしい思い出にひたり、子どもは風呂が大好きになる、そんな絵本です。 ...

四姉妹の生活を綴った児童小説「若草物語」です。かわいらしい挿し 絵! なにより活き活きした四姉妹の描写がすばらしい! 冒頭の引用で、キ ャラクター分けの極意を味わってください。 ...

 あまんきみこの「ふうたのゆきまつり」です。ふうたという狐の男の子が、ゆきまつりのかまくらを見に行く話なんですが、このふうたは間抜けです。  まついさんのやさしさに触れて、癒やされてください。   ...

ストーリーらしいストーリーのない、けれど推理力を試されるのが「てん てん てん」です。かわいらしい昆虫の絵! おとなも子どもも一緒に読んで、当てっこゲームしてみませんか。絵本らしいやわらかいタッチの本です。 ...

ストーリーらしいストーリーのない、けれど想像力を試されるのが「がたんごとんがたんごとん」です。強くて元気な機関車! おとなも子どもも一緒に読んで、こころの糧にしませんか。最後のところは、ちょっと笑っちゃうかもしれませんね。 ...

力の強いティラノサウルスが、はじめて泣いたストーリー、それが「おれはティラノサウルスだ」です。ティラノサウルスの最後のひとりごとは、ほんとうに泣けます。おとなも子どもも一緒に読んで、こころの糧にしませんか。愛情とはなにかを考える、ひとつのきっかけになるかもしれません。 ...

食べる動物、食べられる動物。絶対的な違いを超えた愛情物語が、「おまえ、うまそうだな」です。ティラノサウルスの最後の決意は、ほんとうに泣けます。おとなも子供も一緒に読んで、こころの糧にしませんか。愛情とはなにかを考える、ひとつのきっかけになるかもしれません。 ...

☆ラララン ロロロン ワンピース、わたしに似合うかしら? のリフレインが効いている「わたしのワンピース」。突拍子もない話ですが、子どもの想像力を育む上では、こういう絵本も必要かもしれません。さて、今日のうさちゃんは、どんな柄のワンピースになるのかな。 ...

↑このページのトップヘ