Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

あすにゃん

『長くつしたのピッピ』は、ヘルマン・ヘッセの『車輪の下に』とは違います。最初タイトルをみたときは、長くつの下でピッピが、踏みつけられているのかと思いました。今日はそのピッピの、奇想天外な物語の紹介です。 ...

『1つぶのおこめ』は、インドのさんすうのむかしばなしです。インドはカレーが有名で、ナンを食べるのが普通だと思ってましたが、おこめも食べるんですね……。  というわけで、かしこい娘とケチな暴君とのやりとりと、やっつけられる暴君の物語を楽しんでください。(数学は苦手なんだよ……) ...

『窓ぎわのトットちゃん』を紹介します。2017年09月から12月まで、テレビ朝日系列でドラマ『トットちゃん!』を放送していましたが、この本からの抜粋がありました。何度読んでも感動します。捨てる神あれば拾う神あり! トットちゃんの生きざまを見てください。 ...

『青い目のネコと魔女をおえ』を紹介します。有名ではありませんが、読み応えは充分ありますし、考えさせられる話です。中世ヨーロッパの魔女狩りに材を取った物語。子守唄のなぞとネコへの迷信の話です。 ...

あきらめないでいるということは大切。石の上にも三年。意志あるところに道あり。そういうことはともかくとして、かえるくんかわいい。このかえるくんは、アオガエルなのかな? 小さい体に秘められた粘り強い根性を感じる絵本です。 ...

かぐや姫です。黄金の髪をしていた、という説があるようです。だから部屋のなかでも輝いていたという。ホントかどうかは知りません。 ...

  今年の5月に亡くなられた、加古里子(かこさとし)さんの絵本です。  だるまちゃん、というところがミソですね。大人であるはずのだるまが、小学初級ぐらいの男の子という設定……。これについていけるかいけないか、でこの本の評価も違ってくるかもしれません。 ...

シェル・シルヴァスタインの『おおきな木』を紹介します。知らないひともいるかも? 村上春樹さんが翻訳しています。題だけ見てると、なんの魅力もないわけですが、この題には深い意味が隠されているのかもしれません。ただ背丈が大きいだけの木ではないのです。泣けます。 ...

うらしまたろうの話です。アインシュタインが相対性理論で使った単語、『ウラシマ効果』の語源でもあります。そのほかどうでもいい雑学があれこれ。昔の人は、想像力がたくましかったのかもしれませんが、話のつじつまが合わないところが民話らしい。 楽しんでね。 ...

『あしながおじさん』をはじめて読んだのは、中学生の時。孤児院の実態を知らなかったわたしにとっては、とても衝撃的でした。ラストまで一気に読んで、あしながおじさんの正体を知ったときは、ジュディといっしょに喜んだものです。今回は、このなかにおける作家になる秘訣のようなものを見つけたので、そのご紹介です。 ...

人気の絵本、「くまのがっこう」シリーズ、「ジャッキーのゆめ」です。  みなさん子どもの頃、大人になったら何になりたかったですか? 獣医、飼育係、お笑いに作家もアリかな?  ジャッキーのゆめって、どんなのでしょう。楽しんでください。 ...

 有名な、宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』です。絵本です。  絵はへたうまで味があります。この童話の味を倍増している気がします。  芸術に命をかけ、癒やされる主人公の話です。動物たちとの交渉が楽しい。  最後のゴーシュのセリフも、印象的です。   ...

 『眠れる森の美女』としても有名な、グリム童話のひとつです。絵本です。  寝てばかりで太ったりしないのでしょうか。いいよね、寝ていて王子さまが救ってくれるんだから。うらやましい話です。幸せが来るには、いろんなパターンがあるという話なのかもしれません。 ...

今年の5月に亡くなられた、加古里子(かこさとし)さんの絵本です。  だるまちゃん、というところがミソですね。だるまって、大人のイメージがあったのに、小学初級ぐらいの男の子という設定……。ここについていけるかいけないか、でこの本の評価も違ってくるかもしれません。 ...

ストーリーらしいストーリーのない、赤ちゃん向けの絵本「ぶーぶーぶー」です。かわいらしいカラフルな車の絵! おとなも子どもも一緒に読んで、次にどんな車がでるか、当てっこゲームしてみませんか。絵本らしいやわらかいタッチの本です。 ...

あまりにも有名な児童書、「名犬ラッシー」。 犬好きにはたまらない! ラッシーの話です。  この本が出版されて以降、コリーと言えばラッシーと名付ける  飼い主が多くなりました。 ...

あまりにも有名な児童書、「赤毛のアン」。 髪の毛に強烈なコンプレックスを持つ、そばかすだらけの女の子。  ドジだけど優秀で、賢いけれどアホなところもある……。  今日はそんなおはなしです。 ...

 グリム童話集です。 オオカミが悪辣なキャラクターになっています。グリム童話の影響で、ニホンオオカミが絶滅してしまった、という話もありますが、どうなんでしょうか。  お子さんの夜のたのしみに、お話ししてみてください。 ...

↑このページのトップヘ