Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

青空ぷらす

ぷらすです。 海外映画が日本で公開される時、様々な理由でつけられる邦題は「改善」もあれば「改悪」もありますが、今回は「改悪」だなーという邦題の作品をご紹介です。 ...

ぷらすです。 今回ご紹介するのは、漫画家 入江喜和さんのデビュー作『杯気分! 肴姫』ですよー! 下町の居酒屋を舞台にしたほろ酔い人情漫画で、今まで何度も読み返している作品です。 ...

ぷらすです。 今回はマンガ原作の実写化で面白かった邦画6本をご紹介しますよー! マンガはファンの人たちにとっては強い思い入れがある分、実写化というとつい眉を顰めがち。 でも、食わず嫌いしないで一度観てみたら、案外面白い作品に出会えるかもしれません。 ...

ぷらすです。 今回ご紹介するのは『いとみち』(全3巻)ですよー! 青森市にあるメイド喫茶を舞台に、 身長146cm、津軽訛りと極度の人見知りがコンプレックスで、取り柄といえば祖母仕込みの津軽三味線という、萌記号の塊のような少女“相馬 いと“の高校三年間を描いた越谷 オサムさんの青春小説です! ...

ぷらすです。 一口に映画が好きと言っても、ツボなジャンルって人によって違いますよね。 僕はホラー映画が好きで、特に人に取り憑いた悪魔と神父が対決する「お祓い映画」が大好きです。 というわけで、今回は僕が個人的にオススメしたい「お祓い映画」4本をご紹介しようと思います。 ...

ぷらすです。 今回ご紹介するのは、マンガのみならず幅広い分野で活躍するマンガ家、山田玲司さんの新作マンガ「CICADA シカーダ」ですよー! マンガが禁止された、150年後のディストピアを描いた近未来SFで、今回は原作を山田玲司さん、作画をバナーイさんが担当しています。 ...

ぷらすです。 日本を代表する映画監督の一人、鈴木清順さんが今月13日東京都内の病院で亡くなられたそうです。 僕は熱心なファンというわけではないんですが、今回は追悼の意味も込めて監督の代表作「ツィゴイネルワイゼン」をご紹介します。 ...

ぷらすです。 今回ご紹介するのは、 越谷オサム著『階段途中のビッグ・ノイズ』ですよー! 実は僕が初めて読んだ越谷さんの作品が本作で、その時の感想を一言で言うなら「こんなにど直球な青春小説は久しぶりに読んだ」でしたねー。 今回はそんな本作を通して、越谷作品の魅力を少しでもお伝え出来たらと思います! ...

ぷらすです。 今回ご紹介するのは、1977年公開の海洋動物パニック映画『オルカ』ですよー! スティーブン・スピルバーグ監督「ジョーズ」の大ヒットを受けて、フォロワー的動物パニック映画はその後随分作られ、本作もその流れの一本ではあるんですが、その他のジョーズフォロワー映画とは一線を画す隠れた名作です! ...

ぷらすです。 僕は麺類の中でパスタが大好きなんですが、茹でてから炒めて味付けしてとなると、洗い物が増えたり、失敗したりしがちですよね。 というわけで、今回は洗い物が少なくて、失敗も少ない簡単パスタの作り方をご紹介しますよー!(´∀`)ノ ...

ぷらすです。 今回ご紹介するのは、映画史・時代劇研究家 春日太一の『時代劇は死なず! 京都太秦の職人たち』ですよー! 本書は、そんな彼が京都太秦の東映撮影所を中心に徹底的なフィールドワークを行い、時代劇の繁栄と衰退、そしてこれからについて熱い思いを語る名著です! ...

↑このページのトップヘ