Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

カテゴリ: アート

「ぼくの哲学」の原題は「The Philosophy of Andy Warhol(From A to B and Back Again)」。ポップアートの代名詞的な存在である、アンディ・ウォーホルのエッセイのような不思議な本だ。書かれたのは1975年。「In 15 minutes everybody will be famous.(15分で誰でも有名人になれるだろう)」の通り、彼が時代の寵児だった頃の話だ。 ...

ジョニー・ウィアーはフィギュアスケート界のエンターテイナーだ。2009年~2010年シーズン「ポーカー・フェイス」(レディー・ガガ)のエキシビションでは強烈なインパクトを残した。羽生結弦もリスペクトする海外選手に皇帝プルシェンコとジョニー・ウィアーを挙げている。 ...

こんにちは、グラフィックデザイナーのossoです。 私がIllustratorで仕事し始めた2007年頃。社内でクリエイティブ初心者のために12色相環を作って掲示しろとの指示がありました。私が当時勤めていたのはデザイン会社ではなく、バリバリ普通の会社。クリエイティブに詳しくない人も業務上コンテンツを作る必要があったのです。目につくところに12色相環があれば、きっと、誰もが色に悩まされることも減るだろうということでした。 指示をもらった私。12色相環って。なつかし~。中学で習ったよね。 ...

↑このページのトップヘ