Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

カテゴリ: 雑記・エッセイ

話自体は単純な『おやすみ、ロジャー』。意外にヨガと共通点があったりして。なので、そこからわたしなりに膨らませてみました。あなたも一緒に、おやすみなさーい。 ...

前回の続きで、L'Arc~en~Cielのアルバム『ray』について。個人的にラルクで2番めに好きなアルバムです。1番は『True』ですが、そちらに関しては前回で書いていますので、読んでいただけたら主に私がとても喜び、主に私が昨日よりもっとラルクを好きになれます。 ...

ヨシタケシンスケの「ぼくのニセモノをつくるには」を考察します。少し内容に触れているところもあるので、注意してください。絵自体はシンプルですが、内容はとても濃いですよ!わたしの記事で、その濃さが、少しでも伝わるといいのですが。 ...

さて、今回も海外文学。1999年に出版されたジュンパ・ラヒリの最初の短編集である『停電の夜に』をチョイスした。この一冊に収められた作品のほとんどが夫婦や、世代間などのちょっとしたすれ違いがテーマになっていて、そのどれもがとても味わい深いのだ。 ...

まず言っておこう。お好み焼き屋は、馬車を引かない!わたしのいる広島では、戦争直後には、屋台で運営していた人もいるらしいが、馬車を引いて客を集めたという話は、寡聞にして聞かない。 ...

今回は中国の女性作家、衛慧(ウェイ・フェイ)の『上海ベイビー』。20世紀末の上海を舞台に繰り広げられる物語だ。ちなみに中国では過激な性描写が問題になり発禁になったという曰く付きの小説だが、実際のところはわからない。翻訳が上手いのか、とりたてて過激な印象は受けなかった。 ...

夏休みの宿題に読書感想文なんて、すでに死語で、一部の人にとって懐かしいことなのかな?と。小説の読み方ってタイトルを付けたけれど、正確には「自分はこんなふうに読んでいますよ」になる。あくまでも、わたしだけに当てはまる文章の捉え方だと理解していだければ。例として、青空文庫から太宰治「斜陽」を選んでみた。 ...

毎日毎日蒸し暑い。夜になっても熱帯夜が続く。こんな夜に私が読みたくなるのが『愛人 ラマン』(マルグリット・デュラス)だ。映画化もされ大ヒットしたので、原作を読んでいなくても映画は観た、という人もいるだろう。仏領インドシナ・(現在のベトナム)を舞台に繰り広げられる15歳の「わたし」とお金持ちの若い華僑の愛人との性愛について描いた自伝的な小説だ。 ...

一般庶民であるところの自分は、100円ショップ、いわゆる「100均」をよく利用するのですが、今回は自分がこれまで100均で買って良かったと思う商品について書きたいと思います。・コピー用紙もちろん普通にコピーにも使えますが、お絵描きにも使っています。こんな風に、B5の ...

猛暑の候、貴殿におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げま・・・文章が堅いですね。やあみんな!永遠の14歳こと中二病ヴィジュアル系キモオタのプラーナだよ、元気?・・・今度はちょっと距離が近すぎますね。自我が崩壊してしまいそうなこの暑さですが、個人的には夏の雰囲気はわりと好きでして、夏になると聴きたくなるようなCD、なんてのが何枚かありまして。今回はそれを紹介します。 ...

鷺沢萠(さぎさわめぐむ)、と聞いてピンと来る人は恐らく私と近い世代の人だろう。今はきっと名前も知らないという人が、寂しいことだがほとんどだと思う。『少年たちの終わらない夜』は鷺沢氏の最初の短編集で、私にとっても思い出深い1冊である。 ...

今回は久々のヴィジュアル系トーク。それもなんと、GACKTさんです。 ・何者なのかわからんのが最大の特徴だろうね。皆さま、GACKTさんはご存知でしょうか?いや、もちろんご存知ですよね。では、彼に対して、どのような印象を抱いていますか?ヴィジュアル系?マリスミゼル ...

今回はベルンハルト・シュリンクの『朗読者』。映画『愛をよむひと』の原作としても知られる本作だが、とにかく救いがない。私は小説でも映画でも「なぜこんなに救いがないのか」という、一般的に言えば暗い作品をとても愛しているのだが、『朗読者』の救いのなさには初読時にショックを受けた。 ...

↑このページのトップヘ