Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

カテゴリ: 雑記・エッセイ

プロフィール欄に「サブカル中二病系」と書いているように、自分はいい歳して中学生みたいな妄想が止まらない残念な人なのですが、もちろん現役で中学二年生の頃にはすでに立派なプロ厨二ストでして、学校に馴染めないプチ不登校児の根暗オタクでした。テストの日だけ会議室登校の。そんな闇の中学生時代に出会った愛聴盤が2枚あります。今回はそのうちの片方、大槻ケンヂさん率いる筋肉少女帯の、史上もっとも「病んでいる」オリジナルアルバム『レティクル座妄想』を紹介します。 ...

さあ、今まで触れていなかった『コインロッカー・ベイビーズ』(村上龍)について書いてみようと思う。ちなみに『コインロッカー・ベイビーズ』は私が今までの人生で読んだ小説の中で「ベスト3を挙げよ」と言われれば必ず入れる作品だ。初めて読んだ高校生の時に受けた、強烈な衝撃はいまだに忘れられない。 ...

さて、今回触れるのは映画も話題になった『沈黙』(遠藤周作)。遠藤氏の小説は神と自分との対峙が主題になっている作品が多い。私はよくいる日本人なのでこれといった宗教を持たないが、なぜか遠藤氏の小説には感じるところが多く、小説はすべて読んでいる。 ...

2つ前の記事で河村隆一さんのお話をしたことで思い出したのですが、我が家にはそういえば1997年ごろになるまで「CDプレイヤー」なるものがありませんでした。ええ、遅いのですよ。なにせ、1998年まで黒電話が現役だったもので。そして、我が家が初めて所有したCD・・・それは、井上陽水さんの『GOLDEN BEST』です。ええ、それまでは図書館で借りていたのですよ。 ...

今回は『深夜特急』(沢木耕太郎)。沢木氏の代表作と言ってもいい紀行小説であるのは誰もが知るところであろう。『深夜特急』に影響を受け実際に旅に出た人も数え切れないほどいるだろう。私は実際に影響を受けた世代ではないが、もちろんすべて読んでいる。 ...

ぷらすです。 国道国道230号、札幌市南区と虻田郡喜茂別町をつなぐ中山峠で売られている北海道名物「あげいも」をご存知でしょうか? 茹でたジャガイモがまるごと入った揚げドーナッツで、ボリューム満点のおやつなんですね。 今回は、そんな北海道名物「あげいも」のレシピをご紹介しますよー!(´∀`)ノ ...

プレミアリーグとはイングランドのサッカーリーグにおける、トップディヴィジョン。1992年にリーグ改変によりフットボールリーグから分離して新設。8月スタートの5月終わりで、20クラブによるホーム&アウェイの全38節を戦います。世界のリーグの中でもフィジカル的に激しいリーグとして知られるほか、近年はアジア人気も高く各チームが巨額の放映権料によりスター選手を抱えています。 ...

安室奈美恵さんが先日、引退を発表されました。彼女を初めて見たのは小学生の頃。そのオーラはとてつもなくて、『How to be a girl』という曲のPVを当時のテレビ音楽番組『歌の大辞テン』で視るたびに見惚れていました。しかし同じ時期にもう1人、自分がとてつもないカリスマ性を感じた歌手がいます。それが、1997年の河村隆一さんです。 ...

久しぶりにマンガトーク。自分の持っている、読んでいるマンガって、わりとギャグマンガが多めなのです。それもシュール寄りなものが多い。いや、シュールといってもまだギリわかる・・・くらいのもの。カオスというほどのものではなく、ある程度のキャッチーさはある感じの ...

再びラルク語りです。2001年末に活動休止し、2004年に活動再開。約2年半。いま思えばもう物凄く長いブランクではないのですが、当時はめちゃくちゃ長く感じました。それに前後して、ベストアルバムが2作リリースされました。・初のベストアルバム。ちょい聴き専用。『Click ...

去る9月3日はドラえもんのお誕生日、来る9月23日は原作者の藤子・F・不二雄先生のご命日、ということで、今回は自分の好きなドラえもん映画を紹介します。・ファンタジーに支配される日常『のび太の魔界大冒険』映画ドラえもん のび太の魔界大冒険 [Amazonビデオ]よく「ド ...

基本的に一人旅が好きな話はずっと前に散々書いた。それは国外でも国内でも同じで、余程のことがない限りは一人でふらっと出かけて、その土地を気ままに散策するのが楽しい。この楽しみの中には各地のゲストハウスに泊まることも含まれている。ゲストハウスは楽しいのだ。 ...

ラルク語りはいつまで続くのか?前回は2番めに好きなアルバム『ray』について1記事まるまる書きましたが、今回は2000年のアルバム『REAL』と活動休止前のシングル『Spirit dreams inside』について。・大ブレイクの余韻と現実快進撃の後に続いたアルバム『REAL』ですが、こ ...

実は、ともったいつけるほどの話ではないが、私はいわゆる歴史オタクである。神社仏閣を見かければその縁起が気になり、道端にひっそりとある石碑を見かければ駆け寄って、それが何のために建立された石碑なのかを確認する。その中でも最もわくわくするのが幕末についてのものだ。 ...

↑このページのトップヘ