Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

カテゴリ: 旅行・観光

インド・ヴァラナシ。バックパッカーとして何度も訪れては沈没している私の拠点のような街だが、その街でどんなふうに過ごしているのか。何が良くてそんなに居着くのか。不思議に思う人も多いだろう。そんなヴァラナシでも過ごし方や日常を紹介しようと思う。 ...

ぷらすです。 今回ご紹介するのは、旭川から北見に向かう途中にある渓谷の温泉地、層雲峡で行われている 『氷瀑まつり』ですよー! 冬のイベントが多い北海道でも、長い歴史のあるイベントで、特に夜にライトアップされた氷の建築物やオブジェは実に幻想的ですよー!(´∀`)ノ ...

インドに降り立ち、デリーからの夜行列車でたどり着いたヴァラナシ。駅からサイクルリキシャーに乗ってダシャーシュワメード・ガートへ到着。バックパッカーたちのメインストリートとも言われるごちゃごちゃのベンガリー・トラを進んで宿へ向かう。 ...

バックパッカーとして再度上陸したインド。デリーから寝台列車に乗り込み、最初の目的地ヴァラナシ駅へ到着。インドを凝縮したようなヴァラナシにリベンジするべく気合を入れてバックパックを背負い、リキシャーワーラーとの交渉に臨む! ...

バックパッカーとして訪れたインド。初めてのツアー旅行で魅せられたヴァラナシへ再度チャレンジしに、寝台列車に乗って一晩かけて向かう。インドの寝台列車はこれまたカオス。一度は乗ってみる価値あり!そんな列車移動について書いてみようと思う。  私の席はどこ?インド ...

初めてバックパッカーとして訪れたインド。デリーの安宿街パハール・ガンジの喧騒や埃の中をふらふら歩き、おしゃれスポットのコンノートプレイスで高級宝石店を覗こうとしてドアマンに「No!」と追い返されたり。少し歩けば刺激に当たる。そして寝台列車で次の目的地ヴァラナシへ向かうのだ。 ...

前回は私の初インドにしてすっかりインドに魅せられた話を書いた。今回はバックパッカーとして一人で訪れた時のお話し。バックパッカーならではの珍事もあり、やはりインドという国は侮りがたしと、さらにのめり込んでいく様子をお届けしよう! ...

京都市は日本でも有数の観光地です。秋になると、紅葉を求めて世界中の旅行客がやってきます。修学旅行の定番ですよね。ただ、嵐山や清水寺などの有名なところは人だらけです。そこで地元民である、わたしがオススメの穴場スポットを紹介しましょう! ...

私は自他共に認めるインドマニアだ。「海外旅行=インド」とすぐに思ってしまう。それもバックパッカースタイルだ。もうインドに何回行っただろう。過去10年のパスポートはインドの入国スタンプでいっぱいだ。最後に行った時には長期滞在したいあまりに学生ヴィザを取った。 ...

↑このページのトップヘ