Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

カテゴリ: 映画・アニメ

ドキュメンタリー映画「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」(原題:MY GENERATION)が、2019年1月5日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国の劇場にて順次公開されるらしい。ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ツィギーなどなど。60年代のロンドンに焦点をあてた内容になっているようだ。これって、完全にツボやん。 ...

来たる1月11日(金)「クリード2 炎の宿敵」が公開されますねー! 前作「クリード チャンプを継ぐ男」と今回の作品は、シルベスター・スタローンの「ロッキー」シリーズの続編。というわけで、今回はまだ「ロッキー」を観たことがない人のために、ロッキーシリーズについてザックリ語りたいと思います! ...

YouTubeチャンネル「WatchMojo.com」。音楽やテレビ、映画、ビデオゲームなど、様々な分野のランキングトップ10を紹介する海外の人気YouTubeチャンネルだ。登録者数1892万人、動画再生回数は113億5,000万回を超えるらしい。その日本語版が「WatchMojo Japan」だ。日本語の字幕付きなので、とても見やすい。そこから、誰だ?こんなマニアックな視点で選んだのは?って映画ランキングを4つ選んでみた。 ...

日本でクリスマスといえば、大切な人や家族とパーティーしたりデートしたりする、リア充のリア充による、元祖リア充イベント。 しかし、そうでない人たちだってクリスマスを楽しみたいじゃないですか。 今回はそんな、非リア充がクリスマス気分を満喫出来る映画を5本、ご紹介しますよー! ...

「シン・ゴジラ」が12/16(日)に地上波で放送されましたが、みなさんはご覧になりましたか? 2004年公開の「ゴジラ FINAL WARS」から12年ぶりの日本版ゴジラという事もあって、本作がゴジラ初体験という人も多いのではないかと思います。 というわけで、今回は「シン・ゴジラ」と監督の庵野秀明について語りたいと思いますよー! ...

映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が2018年11月に公開された。『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2作にあたる『ANEMONE…』。先ごろ、挿入歌の「Ballet Mécanique」がYouTubeにアップされた。クレジットは、やくしまるえつこ+砂原良徳。いやいや、ハマりすぎでしょ、これは。 ...

僕が子供の頃はテレビ洋画劇場の全盛期で、僕も日曜日から月曜日まで色んな洋画がテレビで観てました。 当時の僕は洋画は全部ハリウッド超大作だと思っていたんですが、今思い返してみると、本国ではB級映画とされている作品も沢山放送されていて、今でも記憶に残っているのって、案外そういう映画だったりします。 ...

ニコラス・ローグが、現地時間11月23日に亡くなった。享年90歳だった。ニコラス・ローグの代表作といえば、なんといっても、デヴィッド・ボウイ主演の「地球に落ちて来た男」だ。訃報をうけて、ボウイの息子ダンカン・ジョーンズがTwitterに追悼コメントを残している。 ...

連休初日の11月23日、ジャッキー・チェン主演の『ポリス・ストーリー REBORN』が公開されましたね。 ジャッキー・チェンの偉業については、以前語っているので是非そちらを読んでいただきたいと思うんですが、そもそもジャッキーが世に出る事になったカンフー映画について、僕らはよく知らないのではないかと思って、今回、ざっくりとカンフー映画について調べてみました。 ...

アメコミ(この場合はアメリカンヒーローコミック)では、例えば「アベンジャーズ」や「バットマンvsスーパーマン」のように、異なる作品のヒーローが集合したり、ゲスト出演する「クロスオーバー作品」が沢山あります。 能力も強さレベルもバラバラな、彼らが対等に戦ったり共闘したり出来るのは、単純に能力値だけではない、別の強さがあり、それこそが彼らヒーローの本質だからなんですね。 今回は、アメコミにおけるスーパーヒーローの強さとは何かを、ざっくりご説明しようと思います。 ...

映画『ミツバチのささやき』は1973年に制作された。監督はビクトル・エリセ。主演のアナ・トレントの瞳が純粋すぎて、きゅんきゅんする作品だ。今でも、映画のオールタイム・ベストなんかで、多くの人に支持されている。『ミツバチのささやき』には、ちょっとした思い出がある。そんな話をだらだらと。 ...

11月2日『ヴェノム』がいよいよ公開されましたねー! テレビCMやポスターの、ヌメヌメした身体や沢山生えた牙、長い舌に大きな目玉というビジュアルに「え、何これホラー!?」と思った人も多いんじゃないでしょうか。 そんな人に向けて、今回は「ヴェノム」とは何者なのかを、ざっくり解説したいと思います! ...

ざっくりと映画史の流れを知ることで、古い映画を楽しむポイントが分かるのではないかとスタートしたこの企画。 前回は、ジャンル映画が盛り上がった1980と、CGが登場した90年代ご紹介しました。 今回はいよいよ最終回。2000年~現在までをご紹介します。 ...

ざっくりと映画史の流れを知ることで、古い映画を楽しむポイントが分かるのではないかとスタートしたこの企画。 前回は、映画界に「新しい波」がやってきた1960~70年代をご紹介しました。 今回は、ハリウッド第二次黄金期とも言うべき1980~90年代ご紹介します。 ...

ざっくりと映画史の流れを知ることで、古い映画を楽しむポイントが分かるのではないかとスタートしたこの企画。 前回は、ハリウッドが隆盛を極め徐々に衰退し、日本映画が世界の映画祭を席巻した1930~50年代をご紹介しました。 今回は、映画界に「新しい波」がやってきた1960~70年代をご紹介します。 ...

2003年に制作された映画「ロスト・イン・トランスレーション」。舞台は東京だった。監督はソフィア・コッポラ。主演のスカーレット・ヨハンソンがひたすら麗しい映画だった。ふと、思いついたようにサントラを聴きたくなる。この映画、映像の捕まえ方もいいんだけど、使用されている音楽がとてもとても素晴らしい。いくつかの曲をマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズが手がけていたり、はっぴいえんどの「風をあつめて」が使われていたり、よくある映画の音楽とは違った手触りの曲が入っていて、アジアの果てにある異国の空気感をうまく伝えている。 ...

ざっくりと映画史の流れを知ることで、古い映画を楽しむポイントが分かるのではないかとスタートしたこの企画。 前回は、映画が誕生しサイレント映画が隆盛を極めた1890~1920年代をご紹介しましたが、今回は映像と音声が同期したトーキーが登場した1930~50年代をご紹介していきます。 ...

近年公開された新しい映画と何十年も前に公開された古い映画を観比べたとき、やっぱ新しい映画の方が観やすいし面白いじゃないですか。 エイゼンシュタインとかクロサワとか、コッポラとかキューブリックとか、トリュホーとかゴダールとか。映画好きな人は超褒めてるけど、観てみたら何かピンと来ないってことないでしょうか? それは(もちろん、古い映画は画質も荒いし映像が(今と比べて)ショボイってのもあるけど)一番の違いは映画としての文法が今と昔では違っているからなんですよね。 ...

↑このページのトップヘ