kouyou

京都市は日本でも有数の観光地です。秋になると、紅葉を求めて世界中の旅行客がやってきます。修学旅行の定番ですよね。ただ、嵐山や清水寺などの有名なところは人だらけです。そこで地元民である、わたしがオススメの穴場スポットを紹介しましょう!

蹴上インクライン

近くには「哲学の道」があります。「哲学の道」は銀閣寺から南へ下って南禅寺あたりまで続いています。ここは1年中、観光客でいっぱいです。せまい小道なんですよ。たしかにオシャレなカフェも増えました。でも、そこには京都のわびさびがありません。

蹴上インクラインは「哲学の道」の先にあります。地下鉄東西線「蹴上」駅でおりて「ねじりまんぽ」(レンガ造りの歩行者用トンネル)をくぐり、蹴上インクラインに行くのがオススメです。お店はありません。あるのはレールだけです。そのレールを平均台のように足をのせて歩いていきましょう。童心に戻れますよ。東山の紅葉と一緒に心を洗濯してください。

大原と三千院


京都市左京区にある三千院は由緒正しき天台宗のお寺です。観光地としても有名なのですが、意外に穴場なんですよね。なぜ、穴場なのかは交通の便が、あまりよいとは言えません。京都観光でいちばん便利なのはレンタサイクルなのですが、さすがに京都市中心部から遠い場所にあります。だから、オススメなんですよ。

三千院の「有清園」と呼ばれる庭園は自然の木々と重なり合って、絶品の情緒を味わえます。ただ、もっと、心落ち着かせてくれるのは大原という土地ですね。他の観光地とは空気の美しさもちがいます。三千院だけでなく、周辺を散歩気分で歩いてください。心がフニャフニャになってしまいます。繁華街に戻れなくなっても責任はもてませんけどね。

泉涌寺


すぐ隣には東福寺があります。最寄りの駅も同じ「東福寺」(JR、京阪電車)です。人の混雑さはまったくちがいます。たしかに東福寺も美しいです。しかし、人が多すぎて紅葉を見にきたのか、観光客を見にきたのか、わからなくなります。ゆったりとした時間を過ごすなら泉涌寺、推しです。

また、泉涌寺には楊貴妃観音像があります。名前のとおり、美しいです。場所は参道の左にあるので通りすぎてしまわないように気をつけてください。紅葉とは関係ありませんが、ぜひ、見ておきましょう。日本に「楊貴妃」と名付けられた観音さまがいるなんて、とても珍しいことですからね。

まとめのような注意書きとまとめ

京都の観光シーズンはクルマでの移動はやめたほうがいいでしょう。道路は混雑しています。バスさえも時間通りに到着するか怪しいと思ってください。さらに重要なこと。神社や仏閣内ではお静かに。他の観光客に迷惑? いいえ、ちがいます。どこも厳かな場所です。最低限のマナーは守ってくださいね。これは地元民からのお願いです。

注意点はこれぐらいにしておいて……まとめとしては、これしかないでしょう。

京都へ、どうぞ、おこしやすー。





写真は「伏見稲荷大社 御旅所」で撮ったものです。京都駅から徒歩でいけます。ちょっとした穴場ですね、ここも。


この記事を書いた人

yosh.ash

文章と音楽。灰色の脳細胞です。
*Respective Colours* Organizer
Respective Colours *Magazine*  twitter  


スポンサーリンク