ぷらすです。
今回ご紹介するのは、有川浩さんの小説「県庁おもてなし課」です。
この作品は、関ジャニの錦戸亮さん主演で映画化もされているので、ご覧になった方も多いかと思いますが、僕が今まで読んだ有川作品の中で一番好きな小説なんですよ。

舞台は土佐県庁観光部「おもてなし課」、主人公は「おもてなし課」に勤める公務員。
正直、こんな設定で面白くなるのかなぁと思いながらページを捲ると、あっという間に物語の中に引きずり込まれました。
この小説は、主人公の掛川が観光親善大使の依頼で地元出身の作家、吉角と出会ってカルシャーショックを受け、吉角の繋がりで、昔県庁で「パンダ誘致論」を発案し県庁を追われた男、清遠に教えを請いながら、徐々に成長していく過程を描いたストーリーです。

清遠の壮大な発想に驚き、清遠の導きで地元の面白さに気づき、行政ゆえの「縛り」にイラつき、それでも少しずつ形になっていく様子にワクワクして、だからこそ終盤近くの理不尽な「事件」で怒り傷つき、それでも清遠の意思を継ぐために行政として出来る事を模索する掛川や「おもてなし課」面々の様子を読み進めるうちに、自分もいつのまにか「おもてなし課」の一員の目線になっている。

なので、終盤、県庁おもてなし課を語るときの清遠の「あの人らぁは、最初から手を縛られちゅうがよな」「萎縮せざるをえない」「萎縮させちゅうがは俺らぁや」というセリフにドキっとします。自分も何となくのイメージで公務員の人にマイナスのイメージを持っていないかと。
なんて、そんな風に書くと硬くて重い小説かと思われるかもしれないですが、そこは有川さんの軽やかな語り口と大胆かつ繊細な構成で、エンターテイメントとして存分に楽しめる内容になってますよー。

この作品を読んだ、地方に住む読者の多くは「あ、これ俺(私)の町の事だ」と思ったんじゃないかなと思うんですね。
何故なら(巻末の対談でもご本人が話してますが)、この作品で扱われている「おもてなし課」が抱える問題は、ほぼ全ての地方が抱えてる問題だから。
そういう、みんなが感じてはいるけど取っ付きにくい問題を、有川さんは小説という形で実に面白くかつ分りやすく問題提起し、解決策を提示し、且つ作中で新たな提案までしてます。

つまりこの作品は、小説でもあり企画書でもあるのです。
有川さんは登場人物の口を借りて、読者に「日本を面白くする」プロジェクトを提案しています。
その名も「日本全国レジャーランド計画」
超ワクワクする。こんな楽しそうな計画が始動したら絶対関りたい!!
そして、実現の為の具体的な方法も、この小説の中で提示されてます。

だから全国の観光に関る人たちや、地元に不満をもってる人たちには是非この本を読んで欲しい。
この本は、今、僕が日本で最も「信頼」できる作家の一人である、有川浩さんが本気で書いた日本復興の企画書です。

興味のある方は是非!!
 

この記事を書いた人 青空ぷらす
319534_104865206292876_2076873933_n


今日見た映画の 感想(映画感想ブログ)
note(その他、色々書いてます)

スポンサーリンク