ぷらすです。

今週末の3月15日(金)、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)21作目となる『キャプテン・マーベル』がついに公開されます。
本作は、4月26日公開の超話題作「アベンジャーズ/エンドゲーム」に繋がる最後の物語
というわけで、今回は公開に備えてアベンジャーズ最強の女性ヒーロー“キャプテン・マーベル”をざっくり解説していきますよー!!



アベンジャーズ最強の女性ヒーロー!?


とはいえ、実は僕もアメコミ映画は一通り観てますが、原作本は殆ど読んでないので「キャプテン・マーベル」についてはよく知らないんですよね。(←おい!
なのでネットで色々調べてみると、彼女はどうやらアベンジャーズ…というかマーベルコミックでも最強の女性ヒーローらしいんです。

空を飛べる、未来を予知する、重力を自由に操る、光速移動できる、真空状態でもへっちゃらなど、そんな何でもアリな能力だけみれば、彼女は“マーベル版スーパーマン”的な立ち位置なのかもしれません。

アベンジャーズ結成前の物語


本作の舞台は、アベンジャーズが結成される以前の1995年。
ひん死の重傷を負ってすべての記憶を失った代償に“規格外の強大な力”を得たキャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)は、スクラル人対クリー人の星間戦争でクリー人側の兵士として活躍しています。
そんなある日、ミッション中に地球に不時着(というか墜落)した彼女は、後にアベンジャーズを結成することとなる若き日のニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)と共に、自身の失われた記憶の真実を捜査していく。

という内容。

「あれ? クリー人って…」と思った人もいるかもしれません。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の敵としてガーディアンズと死闘を繰り広げたロナンもクリー人でしたよね。
そう、キャプテン・マーベルはクリー人のパワーを持つヒーローなのです。
そして、本作ではリー・ペイス演じるロナンも再登場するらしいですよ。



更に、舞台が1995年ということで、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーと、後のS.H.I.E.L.D.のエージェントでみんな大好きフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)が、デジタル処理によって25歳若返った姿で登場するそうです。

ミズ・マーベルからキャプテン・マーベルへ


原作コミックでキャプテン・マーベルは、1960年代にキャロル・ダンバース本名で初登場。
1970年代に「ミズ・マーベル」という名前で再登場しました。
1977年に発刊された『ミズ・マーベル』シリーズで登場した彼女は、フェミニズム運動に関わりのある言葉「ミズ」(女性の未婚者<Miss>と既婚者<Mrs.>を区別しない英語の敬称<Ms.>)をタイトル冠し、作中では一般人として(男女)同一労働同一賃金を求めて闘うなど、当時としては先進的なヒーローだったんですね。

その後、紆余曲折あって(ネタバレになるので詳しくは書けませんが)、現在のキャプテン・マーベルに落ち着いたようです。

「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」のラストで初登場?


世界中のファンがショックを受けた昨年公開の「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー
そのポストクレジットシーンで、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーが消える間際に落としたポケベルの画面に表示されていた赤色と青色の配色と星のマーク
あれは、キャプテン・マーベルのコスチュームを模したシンボルカラーとマークで、つまり続編となる「アベンジャーズ/エンドゲーム」に彼女が登場することが示唆されていたんですね。


マーベル映画初の男女共同監督


そんな本作で監督を務めるのは、マーベル初の男女監督コンビとなったアンナ・ボーデン&ライアン・フレック
二人はライアン・ゴズリングが主演した「ハーフネルソン」などで共同監督・脚本を務めたそうです。

主人公のキャプテン・マーベル役にはオスカー女優のブリー・ラーソン
また、名優ジュード・ロウも本作に重要な役で出演しているようです。

余談ですが、本作にジュード・ロウが参加したことで、ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)&マーティン・フリーマン(ブラックパンサー)と、新旧2組のシャーロック・ホームズ&ワトソンがMCU映画に登場したのは、映画ファン的には中々感慨深いものがあったりしますね。




物語の構成上ネタバレになってしまうっぽいので、原作設定などにはあまり触れられませんでしたが、本作は「~エンドゲーム」へと続く最後のピースであり、主人公キャプテン・マーベルはMCUの単独ヒーロー映画としては初の女性主人公であり、万を持して登場するマーベル最強のヒーローなんですね。

というわけで、ファンの方もそうでない方も、是非劇場でご覧下さい!

ではではー(´∀`)ノ

この記事を書いた人 青空ぷらす

今日見た映画の感想(映画感想ブログ)
note(その他、色々書いてます)

スポンサーリンク