ぷらすです。

白菜、長ネギ、きのこ、大根、水菜などなど、鍋に欠かせない野菜は沢山あるけど、わりと好き嫌いがあるの野菜といえば春菊じゃないでしょうか。
鍋に入れて煮込んじゃうと独特の苦味が出るし、鍋以外ではあまり使い道が思いつかないですよね。
そんな訳で今回は、そんな春菊を使ってパスタにしてみましたよ!


春菊のペペロンチーノ

春菊のペペロンチーノ(2人前)

材料:

春菊           ひと束
ソーセージorベーコン   50~80g程度
玉ねぎ          1個
パスタ(お好みの太さで) 100g

オリーブオイル      大さじ2
おろしニンニク      小さじ1~2(お好みで)
塩コショウ        適量
刻んだ鷹の爪       適量

水            1リットル
塩            大さじ1~2

作り方:

1・鍋に水と塩を入れて火にかけ沸騰させる。

2・水を沸騰させる間に、ベーコンは5ミリ幅の短冊切り(ソーセージの場合は一口大)、玉ねぎは薄
  切り、春菊は2センチ幅にざく切りにする。

3・1のお湯が沸いたらパスタを入れて、袋の表示通りに茹でる。

4・パスタを茹でている間に、フライパンに火をかけてオリーブ油を熱してベーコン、鷹の爪、玉ね
  ぎ、ニンニクを炒め、玉ねぎがしんなりしてきたら春菊の茎部分を入れて炒める。
  春菊に火が通ったらパスタの茹で汁をお玉一杯加えてゆで汁が半分になるくらいまで煮詰める。

5・4に茹で上がったパスタと春菊の葉の部分を加えて、葉がしんなりするまで炒めたら塩コショウし
  て味を調えて出来上がり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビ番組で見たんですが、火を通しすぎると春菊は苦味が出やすいんだそうで、春菊を美味しく食べるコツはさっと火を通して食べることなんだそうです。
また、苦味やクセの強い野菜は炒めることで、表面に油がコーティングされて苦味を感じづらくなるんだそうですね。

そういう意味で、ペペロンチーノは春菊を食べるのにはうってつけの調理法なのかもしれません。
コツは、葉の部分に火を通しすぎずに、パスタ&ソースに絡めながら余熱で火を通すくらいの感覚で火を止めることでしょうか。

春菊は火を通すと嵩が減るので「コレちょっと多いんじゃないの?」と不安になるくらいの量でも大丈夫です。

それでも、春菊が苦手な人はムリかもですが、一度試してみる価値はあるかもですよ。
ではではー(´∀`)ノ

この記事を書いた人 青空ぷらす

今日見た映画の感想(映画感想ブログ)
note(その他、色々書いてます)

スポンサーリンク