ニコラス・ローグが、現地時間11月23日に亡くなった。享年90歳だった。ニコラス・ローグの代表作といえば、なんといっても、デヴィッド・ボウイ主演の「地球に落ちて来た男」だ。訃報をうけて、ボウイの息子ダンカン・ジョーンズがTwitterに追悼コメントを残している。


初めて、「地球に落ちて来た男」を観たのは梅田の大毎地下劇場だった。2本か3本立ての映画を格安で観られる、最高の名画座だった。この映画館がなければ、もしかするとそれほど映画好きにはなっていなかったかもしれない。月に何度も通っていた。ただ、フィルムの状態がわるいのもあり、「地球に落ちて来た男」の映像は全体的に白が強く、結局はソフト化したあとにもう一度観直した。

デヴィッド・ボウイが出演した映画はほぼ全部観た。おそらく、もっともボウイらしい作品は「地球に落ちて来た男」だ。ボウイ自身の本来の姿がどのようなものなのかはまるでわからないが、ボウイという偶像をそのままスクリーンに投影させたという点では「地球に落ちて来た男」が一番だと思う。なんといっても、ボウイの役柄は歳をとらない宇宙人だったからだ。

ニコラス・ローグの訃報から数日が経って、「地球に落ちて来た男」の上映がニュースとして流れてきた。もちろん、完全版だ。デヴィッド・ボウイの1周忌に合わせて上映されたバージョンだろう。来年1月に、京都の出町座でも上映される。ボウイの命日に「地球に落ちて来た男」を観てこようかなと。

http://bowiechikyu.jp/

地球に落ちて来た男 [Blu-ray]
デヴィッド・ボウイ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-03-04



スポンサーリンク