『いない いない ばあ』  松谷みよ子 文 瀬川康夫 絵 童心社

    「いない いない」と言いながらページをめくると、ねこちゃんが「ばあ」。
    なんということもない、赤ちゃん向けの絵本です。
    作者は、「龍(たつ)の子太郎」で有名な、松谷みよ子さん。
    
  絵本の中に登場するのは、ねこちゃんやくまちゃん、なぜかネズミちゃんやキツネちゃん。
  最後のページには、赤ちゃんの絵が描いてあります。ここは自分の赤ちゃんの名前で呼びたいところ。
  登場するねこやくまやキツネやネズミは、どれも個性が豊かです。
  そのままぬいぐるみにしてもいいかもしれない。




 
  次々と、この登場人物たちが、いないいないばあと声を発します。
  赤ちゃんが笑い声を上げるのが、聞こえてきそうです。
  松谷みよ子さんの、語りかけるような口ぶりが、絵本の文に反映されています。
  この文章を書くまでに、どれくらいかかったのかな。
  赤ちゃんに理解できるレベルまでしなくちゃね。悩んだでしょうね。


 
  だって、ねこを表現するのに、
  「にゃあにゃ」だもんなー。この言葉の感覚、するどすぎる(笑)
  そしてこの、にゃあにゃが顔を隠している絵も、なかなか愛らしくてすてきです。
  次のページにすぐ、にゃあにゃが顔を出して、
  「ばあ」
    と言ってる絵も、「どーだ、おどろいたかあー」と得意そうなにゃあにゃが、愛嬌たっぷりなのですよ。
    ロングセラーの理由が、よくわかります。


    
 松谷みよ子は、児童書をよく書いた人だという記憶がありますが、昔話にも造詣が深いということで、キツネを表現するときも、この絵本では、「こんこんきつね」です。
 きつねがこんこん鳴くという、昔話のお約束を守っているのです。
 そういう目でみてみると、この絵本には、現代ではやっかいものであるネズミだのクマだのが、赤ちゃんといっしょに遊ぶ、という、自然回帰みたいなところも若干、見受けられます。
 ひとを化かすキツネでさえ、赤ちゃんのために遊んでくれる。
 都会的になってきた昨今の日本では、少々、理想的かつユートピア的な世界が広がっている気がします。





 ただ単純に「いないいないばあ」と赤ちゃんを楽しませる絵本なので、そこまで考えなくていいのかもしれませんが、なにせ幼児教育というのは重要ですから。しつけとか、思想の背景を伝えるという意味では、絵本の選定は慎重でなければならないかもしれませんよね。

 単に子どもが喜ぶだけでなく、古来からある日本のよいところを伝えていこう、というロングセラーの絵本なのだろう、と考えてしまうわたしだったりします。
    
 あすにゃん
  猫とお菓子と広島がすきです!
 漫画家の たらさわ みちさんと 仲良しです。

  

スポンサーリンク