群馬県出身のロックバンドで、ヴィジュアル系の先駆者にしてずっと同じメンバーで現役。BUCK-TICK(以下B-T)、第4回めです。


・酒とキラキラとビートロック-BUCK-TICK全アルバム紹介Vol.1-

・アイドル?からだんだん闇へ-BUCK-TICK全アルバム紹介Vol.2- 

・闇の中で悲しみを・・・-BUCK-TICK全アルバム紹介Vol.3-



・ベストアルバムではなくベストセルフカバー集『殺シノ調ベ This is NOT Greatest Hits』 

殺シノ調ベ (デジタル・リマスター盤)
BUCK-TICK
ビクターエンタテインメント
2002-09-19



初の企画もの。曲目としては、それまでのヒット曲やアルバムの代表曲を網羅してはいますが、サブタイトルで「NOT Greatest Hits」と強調されているように、いわゆるベストアルバムではなく、セルフカバー集であり、公式にはオリジナルアルバムにカウントされています。

カバー集ということで、全曲がリアレンジ、再録されていますが、原曲とあまり変わらないものも、全く原曲の面影がないものも混ざっています。

前者は『JUPITER』ですが、冒頭にグレゴリオ聖歌が挟まれ、より神秘的な空気を醸し出しています。後者は『M・A・D』。原曲はタイトルに反して結構お茶らけノリというか、Aメロの歌をほとんどそのままなぞっただけのオモチャっぽいギターソロが印象的なのですが、こちらではそんな愉快さは完全になくなり、ひたすらカオスな音割り。これはちょっとまだ理解できないな・・・。

そもそもこの2曲は当時としては新しめの曲で、まだ演奏や歌が拙かった頃の曲をリメイクするという意図のこのアルバムに収録する予定はなかったそうです。


曲間なしでスコーンと繋がる、『...IN HEAVEN...』と『MOON LIGHT』は大きく変わっていない側の曲ですが、違うアルバムの無関係な曲なのに、まるでひとつの曲のようになっています。

一方で、ガラッと変わったのは、硬質になった『ICONOCLASM』と、より演奏がスリリングになった『悪の華』、夜の街を思わせる妖しいフレーズが追加された『HYPER LOVE』といったダーク寄りの曲。ヒットシングルのリメイクはファンサービス的な部分もあり、その後の展望としては完全にこちら側の作風にシフトしていることがわかります。


ファンからの人気も高く、続編を出してほしいという要望も多かったそうです。むかし見ていたmixiのB-Tコミュニティでは絶賛の嵐でした。ただ『殺シノ調べⅡ This is NOT Greatest Hits』は、B-TではなくMUCCが出したのですが。この件に関しては賛否両論がありますが、ここでは言及しません。


・先鋭と自滅の'93『darker than darkness-style93-』

darker than darkness -style93-
BUCK-TICK
ビクターエンタテインメント
1993-06-23



『狂った太陽』よりも更にダークに、そして自虐、自滅的な方向へと落ちたアルバム。93曲入り。

・・・といっても、本当に93曲も入っているわけではなく、11曲め以降はほとんど無音のトラックが続き(75曲めと84曲めにはノイズが入る)、最後の93曲めにて、隠しトラック『D・T・D』が再生されるという仕掛け。

昔、なにかの拍子でiTunesがバグった時に、このうちの11曲めから70曲めぐらいがズラーっと並ぶ怪現象が起こり、ずっと無音のカオスなプレイリストがiPhoneに突っ込まれたことがあります・・・。

それにしても、まだネットなんてなかった時代、歌詞カードのどこにも記載されていない謎の曲、なぜかずっと続く無音トラックに対して、当時のリスナーはどんな反応を示したのでしょうか・・・。ちなみにリマスター盤や定額配信サービス版ではこの仕掛けは再現されていません。


舞台の中の 裸の僕は誰だい?
微笑みかける みんなどこかへ消えた


仮面舞踏会をモチーフとしたオープニング曲『キラメキの中で・・・』の時点でもう闇に両足とも突っ込んでしまい、自分が誰なのかわからなくなってきているという・・・。そこから先はディープで救いようのないカオティックな世界。


『悪の華』は文学的なダークネス、『狂った太陽』は母親を失った悲しみと○薬的ブッ飛びセンスの融合、と説明がつくのですが、このアルバムはいっそうクセが強くなり、ちょっと説明しづらい。

EAST END×YURIが流行るよりも先にラップを取り入れた『ZERO』や、「アンティーク・ショップで手に入れたアカシック・レコードに因ると1999年にはどうやら神風が吹いたらしい」と未来を予見していらっしゃる謎の歌詞と裏腹に「Too Cool For the Crying Sun  Wandering the World~」とやたらキャッチーで高らかなサビとのギャップがきもちわるい(褒め言葉)『神風』や、強い自殺願望を叫ぶ『LION』など、先鋭的で強烈なものが多いです。


そして、先行シングル『ドレス』の美しさには圧倒されます。でもこれも、櫻井さんの美貌があってこそ許されるような歌で、素人が歌うとモノマネにすらならないのよな・・・。

少し焦らしぎみの間奏の後に「退屈な歌」と続けるあたりの心遣い(なのかどうかわからんけど)も素敵だ。一瞬スマホいじって窓の外チラ見してるのバレてましたね・・・ごめんなさいという気分になる。そして、完璧すぎるサビの歌詞。これは悩み多き人でなくても同じはずの痛み。


僕はなぜ 風の様に 雲の様に あの空へと浮かぶ羽がない なぜ
星の様に 月の様に 全て包む あの空へと浮かぶ羽がない ああ

僕はなぜ 風の様に 雲の様に あの空へと浮かぶ羽がない なぜ
この愛も この傷も 懐かしい 今は愛しくて痛みだす ああ




「ああ」までがちゃんと詩なのです。そして、最後の行を除いたすべてが同じ文字数で並んでいる美しさ(最後の行が字足らずなのも美しい。これが字余りだとダサい)。このアルバムの歌詞カードはすべて縦書きなのですが、この4行の美しい並びには感動しました。

今は定額配信サービスを使ったりOne Drive経由で音楽を聴くことが多くて、
歌詞カードを読みながらアルバムをガッツリ聴くということがなくなってしまいましたが、CDを借りたり買ったりするとまず歌詞カードを開いていた頃は、こんな感動があったんだなあ、と思い出しました。93トラックもあるよwという驚きも。

そういうこともあって、このアルバムに関しては、個人的には当時モノのCDをおすすめします。今だとそんな仕掛けがあっても、フラゲした誰かによって即Twitterとかで広まるだろうし、1999年の予言なんて全世界の90%は忘れているしゼロ年代産まれの子は実感がないでしょう。

「-style93-」と付けたのは流石というか、まさに1993年のリアルタイムじゃないと実感できなかったものがあるんじゃないかなあ。だから自分は後追いリスナーであることが悔しい。

今こそ、『悪の華』と同じぐらい評価されていいのでは。



この記事を書いた人


henkou_ver


プラーナ

サブカル中二病系。永遠の14歳。大人のお子様。

note

twitter

スポンサーリンク