『長くつしたのピッピ』  アストリッド=リンドグレーン 
長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))
アストリッド・リンドグレーン
岩波書店
2000-06-16





   中学生の頃、この本を読む直前に、ヘルマン・ヘッセの『車輪の下に』を読んでいました。非常に暗い話で、読むのがつらかった記憶があります。それでも、活字が大好きだったわたしは、必死で読了して、次に読む本を探していました。




「長くつしたのピッピ」を読んでみたら、と言ったのは、実母でした。母は厳しい人だったので、どうせお説教本だろうと思って読んでみたら、とんでもない!
 近代まれに見るすっとんきょうな少女の話でした。
 実話では、『黒柳徹子』が有名ですが、もしかしたらピッピも、負けていないかもしれません。
 なにしろ、学校に行ってない。
 両親がいない。
 お金持ち。
 力持ち。
 お猿さんを飼っている。



 隣に住んでいるトミーとアンニカがかすんでしまいます。まあ、二人とも平凡な少年少女だから、当然なんですが。
 この二人が遊びに行くと、ピッピはかれらをもてなすために、お菓子をつくるんです。このお菓子作りがまたすっとんきょう。(よめばわかる)
 完全に振り回されて、それでも二人はピッピを気に入ってしまいます。
 自分たちにはできないことを、ピッピがやってのけるからですね。
 おまわりさんをからかったり、学校へ行けば子どもたちの学習をじゃまするし、先生を「あんた」呼ばわりするし、算数の計算では理屈に合わない授業の内容に食ってかかり、絵を描かせれば紙が足りないと好き放題です。





 うわー。ありえない。
 子どもの頃のわたしは、当惑するとどうじに魅せられるのを感じました。
 大人の常識なんてヘでもないよ!
 子どものままで、いるんだよ!
 ピッピは、自由奔放に生きています。彼女を縛るものは、彼女自身の良識と優しさだけかもしれません。



 アストリッド=リンドグレーンは、『あしながおじさん』を読んで、この本を書こうと思ったらしいんですが、『あしながおじさん』がリアルなのに対して、ピッピはあきらかに現実にはいなさそうです。
 アストリッド=リンドグレーンが、「どうやったら子どもを解放できるか」というところに注目して、この物語を書いていることはあきらかですね。
 既成概念をぶっ壊すピッピみたいな作品は、常識ある大人からは煙たがられる存在です。
 批判もあったと思いますが、ピッピの明るさはかるくそんな批判をはねのけます。



 大人になることで 「あたりまえ」 になっていくことへのおそれや反発を、堂々と言ってのけた小説は、ピーターパン以外ではこれぐらいかなぁ。
    それでもひとは、おとなになるのです。
    いつまでも子どもでいると、世間の風に吹き飛ばされてしまう。
    それが、現実というものなのです。
    
 あすにゃん
  猫とお菓子と広島がすきです!
 漫画家の たらさわ みちさんと 仲良しです。



スポンサーリンク