久しぶりですが、ZIGGYシリーズの7回めです。ここ数週間ほど気分はX JAPANとLUNA SEAだったのは内緒ですが(ぜんぜん内緒にできていない)、'80年代のバンドブームの中心として語られるものの、その後も名曲がたくさん存在する、もっと評価されるべき(というのも偉そうな感じではあるけど)、偉大なる日本のロックバンドZIGGYについて。


・SNAKE HIP SHAKES≒ZIGGY

と述べたところで、この7回めのタイミングで紹介するのは、契約の問題で「ZIGGY」という名前が使えなかった時期なのです。便宜上、「SNAKE HIP SHAKES」という名義で活動していましたが、実質的には同じです。ただ、新メンバーにベースの津谷さんが加入したこともあり、心機一転というか、若々しくなりました。

いちおうホームページの痕跡もまだ残っています。ページ内の「オフィシャルHP」をクリックすると婚約指輪がどうこうというよくわからない文章が出てきますが・・・。


・名前を変えて営業を周って若返った。『SNAKE HIP SHAKES』

SNAKE HIP SHAKES
SNAKE HIP SHAKES
トライエム
2000-07-26


名前を変えてから初のアルバム。

2000年の夏にリリースされましたが、これは新しいレコード会社を探すのに苦労したからで、実際には上半期の時点で新曲はたくさん存在し、ライブツアーで披露されていたようです。全くの新人のごとく、ライブハウスを転々と回って営業活動、その結果できたアルバムは、非常に勢いがあって若々しいです。この時点で全員がアラフォーなのですが、ZIGGYの'90年代中盤のアルバムよりも若々しい。

新人のようなドサ周りについては、大槻ケンヂさんが著書で「かつて武道館などの大きな場所でライブができていた者は、もう規模を今さら矮小することはできない。プライドが許さない」というようなことを書いていたのですが、ZIGGYの皆様はどういう感情だったんだろうか。ちなみに大槻さんはこのSNAKE HIP SHAKESと同時期に特撮という新しいパンクチームでそれこそドサ周りをして、テレビなどに出ないもののずっと地道に活動していた同世代の人々や、売れることよりも楽しさを重視する若いバンドに接したことが良い刺激になったそうです。


・王道で愉快。タトゥー(偽)を貼って楽しもう。『VIRAGO』

 
VIRAGO
SNAKE HIP SHAKES
トライエム
2001-04-25


悪趣味なジャケットが印象的ですが、内容はそこまで悪趣味でもありません。ただ、このジャケットイラストのタトゥーシールというオマケは・・・?まあ・・・トレーディングカードを封入とかよりはいいか。これ貼ってライブに行くのも面白いし。一度きりしか使えないけど。

冒頭の『STONE-BLIND SILVER』がめっちゃくちゃかっこいい。イントロはZIGGYも含めた全曲の中で圧勝の鋭さ。「どうにかしてくれないか?」の畳みかけるようなボーカルの緊張感も威力抜群。悶えるわこんなん。

いかにも歌謡曲なテイストの『SISTER RAINBOW』は正直アルバムでは浮いているのですが、それもそのはずで、かなり昔('80年代後半~'90年代前半ごろ?)に中森明菜さんに提供する予定のものだったそうで。

先行シングルの『River of Tears』は久しぶりに超ポップソング。でも内容は、前述の契約がらみのゴタゴタについての葛藤を描いたものだそうです。

たぶんこれがSNAKE HIP SHAKES作品で最も聴きやすいと思います。タトゥーシールも、いま買ってもたぶん付いてくると思います。売れなかったから・・・。


・閉幕にふさわしい渋さ。『NEVER SAY DIE』

NEVER SAY DIE
SNAKE HIP SHAKES
トライエム
2001-12-19


SNAKE HIP SHAKES時代の最終作。1年半の間にオリジナルアルバム3枚というハイペース。前2作は勢いを大事にした作風でしたが、今回は渋めの味付け。ジャケットが洋楽みたいなので、なんかサマソニに出るらしいけどよう知らん海外アーティストのCDをTSUTAYAのレジに出したあの日の気持ちになれるぞ。

「ぶっ倒れるまで楽しもうぜ!」と宣言した1stアルバムに対して、ここでは『時は誰も』と、ライブハウスを抜けたらもう終電が迫っていたかのような、少し前のすべてを忘れた世界から現実に戻されていくような、・・・もっと大袈裟にいうと、盛者必衰のような、そんなふわふわとした空気の中で、SNAKE HIP SHAKESの2年間は幕を閉じます。


・良いベスト盤だけど聴かれなきゃ意味がない。『WORST~VERY BEST OF SNAKE HIP SHAKES~』

WORST~VERY BEST OF SNAKE HIP SHAKES~DVD LIMITED EDITION
SNAKE HIP SHAKES
トライエム
2003-12-21


3枚のアルバムのハイライトをまとめたベスト盤。これに大体の代表曲が入っているので、これを先に買ってかr・・・ん?

中古品の出品:¥9,899より・・・だとぉ?!・・・新品の在庫なし?!

・・・上記の3枚のアルバムも、新品は残念ながらすべて正規価格よりも高くなっていました。・・・やっぱり、多少は売れることも必要だな・・・。あるいは配信サービスにSNAKE HIP SHAKESを(ZIGGY自体はあるけど中盤の時代の作品がごっそり抜けている)。




・コナンに導かれた'80年代後半のせかい-ZIGGY全アルバム紹介Vol.1-

・BADでカッチョいい歴史-ZIGGY全アルバム紹介Vol.2- 

・絶頂期から過渡期。でもここらへんからが好き。-ZIGGY全アルバム紹介Vol.3-

・ユニットになって劇的に変化。-ZIGGY全アルバム紹介Vol.4-

・光と影の1996と1997-ZIGGY全アルバム紹介Vol.5-

・転がっていく過程-ZIGGY全アルバム紹介Vol.6-


この記事を書いた人


henkou_ver

プラーナ

サブカル中二病系。永遠の14歳。大人のお子様。

note


twitter

プラネタりうむ


スポンサーリンク