テキサスあたりで活動しているらしいKhruangbin(クルアンビン)の2ndアルバム「Con Todo El Mundo」が発売された。収録曲「Evan Finds The Third Room」のMV。出演しているおばちゃんの存在感が最高だ。ちょっとハマっている。何度観ても飽きない。



Amazonのアルバム説明から引用すると……

メロウ・グルーヴ・マスターとして人気を博すボノボに見いだされたのをきっかけに、60~70年代のタイ音楽や東南アジアのポップ・ミュージックに影響を受けたメロウでエキゾなソウル~ファンク・サウンドが瞬く間に評判を呼び、デビュー・アルバムのリリース以降はファーザー・ジョン・ミスティがツアーの前座に指名し、グラストンベリーやSXSWなど大型音楽フェスにも出演したトリオ・バンド、クルアンビンが待望のセカンド・アルバムをリリース!先行シングル「Maria Tambien」では、そんな百戦錬磨のライブで培ったアグレッシヴなファンク・サウンドを披露しながら、本編では相変わらずディープ・チルでオーガニックな激ユルほっこりグルーヴの湯加減を究めに極めた本作。

引用:Amazon

いやいや、かつて流行したエクゾチック・ミュージックっぽい雰囲気もあり、なんだか懐かしく思える音だ。何よりも、Khruangbin(クルアンビン)としてのバンド完成度が高い。個人のスキルも、さりげにスゴイんだけど、バンドしてのグルーヴがたまらなく上手い。これ、いいわ。

Con Todo El Mundo [帯解説 / 国内仕様輸入盤CD] (BRALN50)
KHRUANGBIN
BEAT RECORDS /NIGHT TIME STORIES
2018-01-26



https://latenighttales.co.uk/

どうやら、契約したレーベルがLate Night Talesというところなんだけど、ここ、一癖も二癖もある音楽を発信している。思わず、所属しているアーティストやバンドをチェックしてしまった。



タイ・ファンク。おそらく、ズドラングマレコーズ(ZudrangmaRecords)に代表されるような音楽を指すんだろう。バンコクのレーベルだ。動画でわかるようにノリノリだけどメロウな音。ライブの空気感がいいよね。



Khruangbin(クルアンビン)のライブ動画。Boiler Roomだ。他にも多くのライブ動画がアップされている。「Firecracker」のカバーもやってる。YMOのバージョンみたいだけど、元はエキゾチック・サウンドの巨匠マーティン・デニーの作品だ。

深いスプリングリバーブがかけられたギター。歪んでいるよりクリーンの方がいい。照明に当てられた室内ではなく、暑苦しい太陽の下でも合いそう。今年の夏のベスト盤になるかも。

スポンサーリンク