バンドの解散は悲しいけれど、残された音源には遥か高みに昇華された清白さえ感じる。不純物など含まないナマの音が心地よいんだろうね。というわけで、自分好みの解散ライブ盤を垂れ流してみる。

ザ・スターリン『FOR NEVER』



1985年の話だ。ザ・スターリンの解散ライブ。最初はCD1枚だけだった。そのあと、「ワルシャワの幻想」を入れてCD2枚組で発売された。2001年には、さらにボーナス・トラックが4曲増えて、デジタル・リマスタリング盤が再発。1曲目の「虫」から最後までとんでもなく凄いテンションだ。ゲテモノ扱いされたバンドだけど、演奏力は高かった。でも、実際は解散していなんだよね。1987年にはビデオ・スターリンをスタートさせたもんな。

FOR NEVER (SHMCD)
THE STALIN
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2015-06-17


映像はこれ↓

絶賛解散中/FOR NEVER [DVD]
THE STALIN
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2002-06-26




ナンバーガール『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』



2002年の話だ。札幌ペニーレインでのラスト・ライブが収録されている。1曲目「I don’t know」のイントロは壮絶だ。ギターの音色とは思えない攻撃性がある。一番聴いた曲は「TRAMPOLINE GIRL」かな。夏の風景が頭に浮かんでくるんだよね。

背高草の ざわざわと
それ以外 聞こえない
静かな夏の風景

ライヴ・アルバム ~サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態
ナンバーガール
EMIミュージック・ジャパン
2003-01-29


映像はこれ↓

サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態 [Blu-ray]
NUMBER GIRL
ユニバーサル ミュージック
2015-07-29



ローザ・ルクセンブルク『ライヴ・オーガスト』



1987年の話だ。渋谷エッグマンでのライブが収録されている。個人的にはこのアルバムが解散ライブNo.1。ローザ・ルクセンブルクが発表したフルアルバムはわずか2枚しかない。BO GUMBOSがエピックの恩恵で廃盤になっていないこととくらべても少し寂しい。それでも、2013年には『ローザ・ルクセンブルグ コンプリートコレクション(DVD付)』が、デモ音源集やら未発表のライブ音源やらが含まれた『ローザ・ルクセンブルグ -お蔵だし』シリーズが発売された。長らく廃盤になっていた『ライヴ・オーガスト』映像版も復活している。

ライヴ・オーガスト
ローザ・ルクセンブルグ
ミディ
2000-07-26


映像はこれ↓ (再発……ジャケットは元の方が◎)



バンドが解散する理由はさまざまだ。一概に、もし解散していなかったら……なんてことは言えない。バンドが生き物であるとするならば、解散ライブ盤は奇跡の瞬間を収めた貴重な記録だ。波形には刻まれない思いが込められている。


この記事を書いた人

yosh.ash

文章と音楽。灰色の脳細胞です。
*Respective Colours* Organizer
Respective Colours *Magazine*  twitter  


スポンサーリンク