前回の記事の続きで、LUNA SEAの歴代オリジナルアルバムの中から、どちらかというと明るい作風「光属性」のアルバム、『EDEN』と『SHINE』について。



・きれいなヴィジュアル系バンドの雛型。3rdアルバム『EDEN』




1993年作の『EDEN』は、ひとことで説明すれば「白い」作品です。耽美で優雅なる、「きれいなヴィジュアル系バンド」の雛型としてのLUNA SEAが堪能できる3rdアルバムです。

1stの『LUNA SEA』、メジャーデビューアルバムの『IMAGE』は、ほとんどがインディーズ時代にライブで演奏されていたものの音源化が中心でした。が、今作は初めて新曲ばかりで構成されたアルバムとなりました。のですが、メンバー間では「失敗作」とされていたり、多くの曲が後にライブで演奏されなくなったりという曰くつきの作品でもあります。

前作の『IMAGE』は記念すべきデビュー作で、次作の『MOTHER』はビジュアル系史に残る名盤。この2枚に挟まれていることもあり、なんとも影が薄い存在なのですが、このアルバムをお気に入りに挙げる方も多いです。

『IMAGE』ほど憂鬱ではなく、『MOTHER』ほど社会派でもない、思春期の途中みたいな内容。大人の階段のぼるシンデレラボーイ。

いかにもなヴィジュヴィジュハードロックの『JESUS』や『ANUBIS』(もうタイトルからしてモロにそっち系)がやはり好きですが、珍しい季節ものソング『Rejuvenescence』と『RECALL』はこのアルバムでしか見られない作風です。

LUNA SEAに卒業ソングがあったんだよ・・・。「大切な人 思い出 弥生の時 卒業を抱いて」・・・おそらく唯一、歌詞内で時節が特定されている曲だと思います。想いを胸に秘めたままでの卒業、という内容なので、実際に卒業式で歌うような曲ではないですが。 

『LAMENTABLE』は、1993年の時点で2ちゃんねるのことを予見していた・・・かどうかはわかりませんが、サイバー犯罪?が題材という、これまた変化球的な歌詞。当時としては先進的なのでしょうか・・・まあハッカー少年は当時の時点でいただろうしな。リアル思春期の頃にこの歌詞が大好きだったのですが、今は別に・・・。

ラストの『STAY』は、ステージ上で銀テープが飛び交う映像がありありと想像できるような、スピード感あふれる超ポップチューン!・・・なのに。なのに。当時のアルバムツアーのみでしか披露されず、その後ずっと封印されている不遇な曲。再結成後も頑としてライブで演奏されません。前述のように、このアルバムはメンバー的には失敗作らしく、特にこの曲に関しては、代表曲の『WISH』とキャラクターがかぶる、という理由もあるらしく、黒歴史にすらされているように思います。もったいない。

ちょっと異色ですが、初期の2作ほどは尖っておらず、後期のような社会派テイストも少ないので、純粋にきれいなヴィジュアル系バンドとしてのLUNA SEAを聴きたい方にはおすすめ。初期のL'Arc~en~Cielやメジャーデビュー前後のシドが好きならハマるかも。


・思春期を超えて見えた輝き。6thアルバム『SHINE』


SHINE/LUNA SEA
Universal Music LLC
2006-10-25


時代は移り変わり、1997年のソロ活動を経てリリースされた1998年のアルバムが『SHINE』です。高速道路のトンネルの先に見える陽の出のようなジャケット写真は、それまでの幻想的なものとは一線を画していますが、デザインだけなら歴代のアルバムで最も好きですね。

歌い方が、甘ったるい河村隆一スタイルのままだったことでも物議を醸した作品ですが、個人的には冒頭の『Time Has Come』の眠りから段々と冷めていくようなボーカルなどは、やわらかい河村さんほボーカルの方が合っているように思います。ゆったりと目覚めた後に、復活シングルとなった『STORM』へと雪崩れ込むのがかっこいい。

『EDEN』は幻想上でのきれいな世界でしたが、今回は現実世界に降り立った上での輝き。かつて自分がいる摩天楼のことを「腐った野望の吹き溜まりの中」と述べた主人公が「ギラギラと輝いた この街も悪くない」と歌うのです。えらく変わったものだな。思春期はもう乗り越えた。もう大人の階段のぼるシンデレラボーイではなくなったんだ。

「長すぎる明日を待つより 今 時を駆け抜けろ」「ありのままの姿 愛してあげてほしい 決して一人じゃない 感じてほしい」と、ここからメッセージソングが出てきたのが特徴ですが、これがなんというか少しクサいので、苦手な人は苦手かもしれません。逆にこういうメッセージ系が好きならJさんのソロは割りと気に入ると思います。

基本的にポジティブな曲が多いのですが、その中にさりげなく通りすぎる鬱曲『VELVET』がなにげに意味深で、「夢の中のキミはとても変わったね」と、自ら河村隆一ソロを揶揄しているような・・・。ちなみにこの曲は、ドラムが20人くらいいないと完璧には再現できないらしいです。

ポジティブの極みともいうべきラストの『UP TO YOU』は、オリジナルも良いのですが、翌年のライブアルバム『NEVER SOLD OUT』に収録されているものが段違いに迫力があるので、そちらがおすすめです。

NEVER SOLD OUT
Universal Music LLC
2006-10-25




・光も闇もほしいの・・・。14さいだから。

この2枚ともまあ、好きなのですがしかし。やっぱり現役14歳の私としては、「闇属性」も外せないわけでして・・・。というわけで次回は、闇属性の『IMAGE』『MOTHER』『STYLE』について。

この記事を書いた人


プラーナ

24-6

サブカル中二病系。永遠の14歳。大人のお子様。
note
twitter
google+
instagram
 


スポンサーリンク