ポゼッション(Possession)とは、「所有」や「占有」を意味する英語。サッカーにおけるポゼッションは、「支配率」と訳される。主にボールポゼッションというそのチームがボールをもっている状態を指して使う言葉である。





ということでお正月を挟みました、皆様今年もよろしくお願いします。

前回はポゼッションとは、みたいな部分触れて行ったので今回はその長所と短所について触れていきましょう。
早速ですがポゼッションサッカーの長所から。


ポゼッションサッカーを志向することの長所とは

ポゼッションサッカーを志向し、ボール保持率を高めていくことの明確な長所は2つ。

1つ目は自チームの攻撃の時間が長くなること、です。 
相手チームよりもボールを長く持つことによって相手チームの攻撃の時間を減らすことができる=自分たちの攻撃、相手の守備を攻略する時間が長くなる事は解りやすい長所であると言えるでしょう。

自チームの攻撃の時間が長くなり、相手の守備を攻略する為のチャレンジの回数が増えることによって相手ゴールを脅かすことが出来る可能性も高くなってきます。 

サッカーは相手よりも得点を多く取らなければ勝つことができないスポーツなので、その機会を如何に増やすか、ということを考えた時に相手よりも長くボールを保持し続け攻撃をし続ける、という発想に至るのは自然なことでもあります。


2つ目は自チームの守備の時間が短くなること、です。

1つ目の長所と2つ目のこれは表裏一体になっています。
相手にボールを持たせないことで相手の攻撃機会を削いでいくことが、自分たちの守備の時間を減らすことに繋がり、そのまま直結で相手の得点の機会を減らすことになります。

長い試合時間がかかるスポーツには確実にその試合の中の「流れ」と呼ばれるものがあり、その流れはどうしても両チームの間を行ったり来たりを繰り返しています。

その中でボールを自分たちで持ち続けることで、極力相手に「流れ」を渡さないようにし続けることが出来る、というのが守備的な長所です。



ポゼッションサッカーを志向することの短所とは


 そして、このポゼッションサッカーを志向することの短所も長所と表裏一体になっています。

1つ目の自チームの攻撃時間が長くなること。
前回のその1の記事冒頭でも述べている通り、自分はあくまでもポゼッションは「解決策を持つ」チームの武器であり、特殊な特殊な武器であるからこそ攻撃的な戦術として成立するもの、だと思っています。

その理由がまさにこの攻撃時間が長くなることにあります。 

これが短所になりうる理由として、自分たちの攻撃の時間が長くなること=相手の守備の時間が長くなることであり、それは相手にとって攻撃に慣れる時間、守備の陣形を整え固める為の時間がある、ということでもあります。

相手の陣形が整い、攻撃パターンへの慣れが出て来れば精神的な緩みが出ない限り崩すことは難しく、崩しきれないまま0-0で試合が終わっていく、なんてことは解決策を持たないポゼッションサッカーを志向しているチームの試合ではよくあることです。某代表でも見た記憶が何度もある気がしますね。

元々攻撃的な部分を多く持った戦術であるはずのポゼッションサッカーにこだわり続けるせいで、点を取れないで終わっていくなんてことはまさに本末転倒、なんの意味もありません。


2つ目の自チームの守備の時間が短くなること。
これが短所になりうる理由として、主にポゼッションに対抗するにはカウンターで一瞬の隙をつく、という定石じみた対抗策があります。

守備の時間が短くなればなるほど、ボールを失った後の一瞬に切り替えのタイミングを突かれて失点する、なんてことが増えてきます。

その一瞬の集中力が難しく、特に長時間ボールに関わることのないGKは集中力を保つことが難しくなってきます。それ故、相手のカウンターを食らいやすく、しかも相手ゴール付近で人数をかけているところに食らってしまえば一発で致命傷になることもしばしば。

これも某代表でよく見た様な……? 


ということで今回はポゼッションサッカーの長所と短所でした。
他の物事でもそうですが、ポゼッションを高めていくことの長所と短所は解りやすく表裏一体になっています。

そしてこの戦術を導入するチーム次第で、長所かそれとも短所になるのかの比率が大きく変わっていく、というちょっと解りにくいものでもあります。

今回はこの長所と短所に触れただけで終わってしまったので、次回はその1冒頭に書いた「
日本はポゼッションサッカーの国だから」という言葉に触れつつポゼッションサッカーに必要なものは一体なんなのか、という部分に触れていきたいとおもいます。


年末年始進行で間がひどく空いてしまいましたが、今後ともよろしくお願いします。

わせい

ついったー

 

スポンサーリンク