今回は、とても私的な記事です。いや・・・今までのも全部、私的な記事でしたね・・・失礼しました。今年、2017年、個人的に流行ったもの、TOP3です。ブログの話題としては、たいへんベタですね。はい。たまにはそういうのもいいでしょう。いいです。では書きましょう。



・第3位:ちょいつまみができる、現時点で最強のおつまみだ!『燃えよ唐辛子』



基本的にスナック菓子はあまり食べないのですが、これは不覚にもハマりました。辛いもの好きにはたまらないです。じっくりゆっくりとダラダラ食べるのが楽しい。チャックが付いているので、保存して少しずつ食べることもできます。普通のおやつとしても良い感じですが、ビールのおつまみに非常に合います。柿ピーなどよりカロリーも低いので、そちらの面でもおすすめ。まあ・・・自分はビールを飲み始めたら止まらない体質なので、そっちでカロリーを摂取しますが。でも太らないんだよなあ(各方面を敵に回す問題発言)。



・第2位:愛知県岡崎市の「きわどい」ユーチューバー集団『東海オンエア』

今年はなぜか、ユーチューバーの動画をたくさん見ました。今年の5月に少し記事にもしました。

愛知県岡崎市出身の6人組のユーチューバー集団、東海オンエアもよく視ているのですが、なぜ以前の記事で紹介しなかったというと、「きわどいネタが多い」というのが主な理由です。特にリーダーのてつやさんの愛車(なんとBMWロードスター・・・)を使った動画がきわどいので、良い子はもちろん良い大人も真似してはいけないような内容になっています。




動画のハチャメチャさも楽しいですが、概要欄の文章がこれまた秀逸。特にメンバー行きつけのラーメン屋「まんぷく家」の説明文は名作です。

ユーチューバーがよくやる、大量に食べ物を買ってきたり注文して「これ全部食べ切れるのかチャレンジ」みたいな企画があまり好きではないのですが、東海オンエアのメシ食いに行く系の動画は基本的に美味しそうなのです。「まんぷく家」に関しても、「もう二度と来ねえ!」と言いつつしっかり完食するし。・・・まあ、早食いチャレンジの時は「口に入れてちょっと戻した」とかも言ってるけど・・・。



さっさと行けや!



・第1位:大阪の田舎から現れた3ピースロックバンド『ヤバイTシャツ屋さん』

大阪芸術大学出身の3ピースロックバンド。

Galaxy of the Tank-top(初回限定盤)(DVD付)
ヤバイTシャツ屋さん
Universal Music =music=
2018-01-10


大阪の田舎の学生あるあるを歌ったものが多く、歌詞には関西弁が多用されています。メンバーの友人のイラストレーター、朝倉チサトさんによるマスコットキャラクター「タンクトップくん」が毎回のようにジャケットの至るところに登場するのも楽しいです。

特に衝撃を受けたのは、今年の4月にリリースされた『ヤバみ』という曲のMV。




ラウドに演奏しながらかなり速いAメロの英語を流暢に歌いこなした直後に「いっぱい英語で歌ってみたけどあんまり意味ないよ」と来た。実際、この英語をテキトーに訳すと「スピリタスをストローでそのまま飲んだらゲホゲホ言うに決まってるやん。え?床にこぼしたスピリタスにライターで火ぃ点けて、キャンパス内でサンマ焼く?そんなん大騒ぎになるて。あんた正気なん?さすがにウチでも引くわぁ・・・スピリタスは水で割って飲むもんやで」みたいな感じで、やっぱり意味なさそう。

そして、途中からずっとメンバーがカメラマンに延々と文句を言っていて、その音量が肝心の曲よりも遥かに大きい。だからテロップがないとまるで聞き取れない仕様。もちろんこれはMVのみの仕様で、音源を買えばちゃんと文句レスver.の『ヤバみ』が聴けます。ラジオで曲がかかる時に冒頭だけパーソナリティーの声とかぶるのと似たような対策ですね。・・・ここまで聴かせる気のない宣伝は珍しいけど・・・。

メンバーの演奏シーンよりもサンゴ礁の美しさに注目しがちなMVですが、実は最後のキメとかすごいカッコイイ。「プロモーションできてない」「いろんな人が関わってくれてんのにええんかこれは」「BSでやれ」等の文句のせいで、ぜんぜん頭に入って来ないけど・・・。



ほら、ライブver.はフツーにカッコイイから。


・来週はもっと私的な記事を書きます。俺による俺のための俺の記事を書いて、2017年を締めくくりたいと思います。


この記事を書いた人


プラーナ

henkou_ver

サブカル中二病系。永遠の14歳。大人のお子様。

note

twitter

google+

instagram


スポンサーリンク