カバンや帽子につける、ワンポイントファッションアイテム缶バッジ。好きなバンドのロゴの缶バッジなど、付けると気分が良いですね。ただ難点は、針を留めるクリップが付いていなかったりするんですよね。カバンなどは歩きながらよく振り回すので、知らないうちに外れているのも嫌だし、財布などを出す時に不注意で針に触れてケガをする可能性も。・・・しかし、ある時に解決策を見つけ出しました。いずれ学会に発表する予定なのですが、それに先立って世界で初めてこのブログで公開します。



・缶バッジ界の常識を俺が変えるぞ。



5分あればできます。用意するものは、綿棒とハサミだけ!

picture_mobile_6f86261d9e778326753b855eaf08c522




1.綿棒を2つに切る

picture_mobile_2436bfab18ee87412d06f6174defc2d2



2.綿棒に針を通す

picture_mobile_43a39caa2e55a355f48fcabddb300378

綿棒の中間部分は、ストローのように空洞になっています。この空洞部分に、缶バッジの針を通します。

picture_mobile_b0a501ff6d03912df04c2a29f1d1309f



3.綿棒の長さを調節する

picture_mobile_d9847d75e24628806fbd5abe2835440c

缶バッジのサイズに合わせて、綿棒を少しずつ切っていきます。この缶バッジは小さいので、3分の1くらいまで切ってもまだはみ出しますね。ギチギチになるくらいの長さまで切っていきましょう。

picture_mobile_d5934e1a2d0b0a34c72d390dd245b695

これくらいでギチギチ。でも、これから帽子に通すので、さらに切ることになるでしょう。



4.缶バッジを付けるカバン・帽子などに通す。

針に綿棒を刺した状態で、缶バッジを付ける物に通します(画像では、帽子で実践しています)。何回か抜き差ししながら、綿棒の長さの最終調整をします。

picture_mobile_0ea32ee0bafc8d58ea8d855508acda87


このようにギリギリ入るくらいのところまで切って、綿棒の先端を押し込みます。押し込む際には少し強めに力を入れる必要がありますが、一度はまればパチンとはまります。


picture_mobile_25af92500966c103e4dc4fb89a6d55b0


・これで完成。

picture_mobile_071e045dac04e37ee227f7c742ad2a5f

(著作権的に引っかかるかもしれないので缶バッジの模様は隠しました)これで、ギチギチに取り付けられているから取れにくくて、針が綿棒で固定されているから安全な缶バッジの完成です。あとは帽子が汚いのをどうにかするだけです(缶バッジ関係ねえ)。

めちゃくちゃ簡単にできるので、皆様もぜひ!

この記事を書いた人


プラーナ

24-6

サブカル中二病系。永遠の14歳。大人のお子様。

note

twitter

google+

instagram


スポンサーリンク