「おまえ、うまそうだな」ポプラ社  宮西達也

  絵本にしては、めちゃでかいと思っていたら、読み聞かせ絵本でした。
 思わず泣ける美しい本です。ありそうにないんですが、こんな展開があったらいいな、と夢を抱かせてもらえます。
 太古の昔。とあるアンキロサウルスの子供が卵から孵ります。
 この子供が、めっちゃカワイイ!
 黄色くて背中がギザギザしてるんだけど、おぼつかない足取りが絵本から感じ取れるんですよね。
 ちっこい目玉が、また愛らしい。
 だけど、画面いっぱいにひろがる赤っぽい曠野のなか、アンキロサウルスの子供はたったひとりです。





 なんだか悲しげで、はかない。
 さびしいなって子供が思う。
 そこへ、ティラノサウルスがやってくる。
「がおー! おまえ、うまそうだな!」
 言われて子供は、自分の名前が「ウマソウ」であり、ティラノサウルスをおとうさんだと思い込んでしまいます。
 それでティラノサウルスは戸惑ってしまうのです。
 相手は草食動物で、エサそのものなのに、「おとうさん!」って呼ばれるんだから、当然ですよね。









 弱肉強食の世界。ティラノサウルスは、腹も減っているし、喰ってやりたいと思うのですが、おとうさんだと思い込んでいるアンキロサウルスの子供を、どうしても食べることができません。
 それどころか、アンキロサウルスの子供は、ことあるごとに、ティラノサウルスのやることを見て、
「おとうさんみたいになりたい!」
 って、二言目にはそんなことを言うのです。
 言われる方は、こころがズキズキ痛みます。
 自分は、そんなにりっぱなおとうさんじゃない。
 否定しても、否定しても、慕ってくるアンキロサウルスの子供。
 かわいらしいしぐさと、思いやりの深さ。
 ティラノサウルスは、自分がアンキロサウルスの父親にふさわしくあるために、努力し始めるのです。

  

 以降は、絵本を読んでいただくとして、ラストのところで、わたしは涙がこみ上げてくるのを感じました。
 かなえられない理想のまえに、ほんとうの勇気と強さを示すティラノサウルス。
 実際には、こんなことはあり得ないけれど、ほんとうにあったらステキだろうなと胸が熱くなってくる絵本です。
 父親である、ということがどういうことなのか。
 ほんとうの強さとは?
 愛情とはなにか?
 難しいことはひとことも書いていないのに、ふと立ち止まって、じっくり考えてしまう絵本。
 他者への愛は自分の愛よりもまさるということわざもありますが、無私の愛というのは、ひとを変える力があるようです。

 

 古代の地球を舞台にしているために、全体的に赤っぽい雰囲気があります。
 砂漠とか、火山とか、そんなのが視界に飛び込んでくるイメージですね。
 無味乾燥としたひろがりのなかに、読者の涙の雨が降る……。
 子供と一緒に読んで聞かせてあげてください。
 子供が、どんな感想を言うか、耳を澄ませてあげてください。
 子供のこころになにかが残るなら、この絵本は残っていくでしょう。
  大人も泣ける絵本、「おまえ、うまそうだな」。
 食べるという基本的なことから、考えてみませんか。

 あすにゃん
  猫とお菓子と広島がすきです!
 漫画家の たらさわ みちさんと 仲良しです。
 
 
  

スポンサーリンク