前回に引き続き、ラルクです。今回は個人的にはヴィジュアル系なラルク真っただ中と認識している、ラルク第1期(勝手に分けた)について。


・まだ幻想的な世界に居る2nd(メジャー1st)アルバム『Tierra』

Tierra
L’Arc~en~Ciel
キューンミュージック
1994-07-14





1994年発売のメジャー1作め。冒頭の綺麗で爽快な『In the Air』から曲間なし、2曲めからいきなり『All Dead』と来ましたよ。


It's time to fall
It's time to say goodbye
I wish you're gone
I wish you're all dead



(もう終わりだよ
さようなら
消えてくれ
お前らみんな消えてくれ)


ラルクの中でも1、2を争う過激な歌詞。それを流麗なピアノに乗せて、まだ髪を肩まで垂らし女性のようなルックスだった頃のhydeさんが淡々と、しかし怨念たっぷりに歌い上げる名曲。実際は、かつてhydeさんが交際していた女性とかなり酷い別れ方をして、その時の女性側の気持ちとhydeさんの自省を綴った内容なのだそうです。ここからまたも内省的な『Blame』(でも曲調はこのアルバム内で最もキャッチー)へもつれこんで一気に幻想的な世界に持っていかれるのが気持ちいい。

個人的には真ん中に据えられたメジャーデビュー曲『Blurry Eyes』までの流れが大好きで、それだけに後半の印象が少し薄いのですが、何かが吹っ切れたような開放感のある『White Feathers』が隠れた名曲。ラルクのアルバムラスト曲で一番好き。


・異世界の夏。3rdアルバム『heavenly』

heavenly
Ki/oon Music Inc.
2014-04-01


ここから少しポップになりますが、まだ耽美的な世界観は健在で、hydeさんはお美しひ(今も素敵だが)。

夏になると聴きたくなるCDの記事でも挙げたように、なんとなく夏っぽい空気を感じます。冒頭のキャッチーな『Still I'm With You』と『Vivid Colors』の流れは真夏っぽくて、後半の『Cureless』『静かの海で』『The Rain Leaves a Scar』の陰鬱さは夏の終わりっぽい。

バンド名の「L'Arc~en~Ciel」はフランス語で「虹」という意味ですが、全アルバム中で最も異国情緒を感じる作品だと思います。特に『C'est La Vie』(=「セ・ラヴィ」=「人生なんてこんなもの」の意)
は、この時期の中性的なhydeさんを存分に味わえます。やたら楽しそうなベースラインも痛快。

ジャケット写真のtetsuさんは、サングラスをかけてオープンカーに乗っていて、他のメンバーよりも「フツーにそのへんにいそうな兄ちゃん」感があるのですが、これもヴィジュアル系と呼ばれることへの反発なのか?知らんけど。


・分岐点となった名盤。4thアルバム『True』

True
Ki/oon Music Inc.
2014-04-15


初のオリコン1位とミリオンセラーを記録し、ラルクの名前が一気に世の中に知れ渡った大ヒット作。シングル曲が既に3曲ありますが、それに加えて当時のアニメ『るろうに剣心』の主題歌に抜擢された新曲『The Fourth Avenue Cafe』もシングルカットされる予定でした。しかし、ドラムのsakuraさんが不祥事を起こしてしまい、バンドは活動休止に追い込まれ、アニメ内でのオンエアもたった2、3回で打ち切られてしまいました。



まあ、明治時代初期が舞台で主人公が廃刀令違反者のアニメに「4番街のカフェ」は合っているとは思えない。日本初のカフェが開業されたのは明治時代後期らしいので、剣心たちの時代にはまだ存在しないはずで・・・っていうのはどうでも良いですが、大阪の阪急三番街の地下には「L'Arc-en-Ciel(こちらの読みは、ラークエンシエル)」という店名のカフェがあります(が、今月いっぱいで閉店してしまうとのこと)。

the Fourth Avenue Cafe
Sony Music Labels Inc.
2014-09-17


アルバム発売から10年後の2006年にようやくシングルカットされました。カップリングは、sakuraさんが在籍していた頃に余興で行っていたパートチェンジバンド「D'ARK~EN~CIEL」のナンバー5曲のメドレー。ここでしか聴けません。

当時リアルタイムで『るろうに剣心』を視聴していた自分ですが、そのような事情は全く知らなかったので、「なんか3回くらいエンディングで流れていたあの曲は記憶違いだったのか?と混乱してしまいました。そしてしばらく忘れていたんですよね。その何年も経った後に、通りすがったヤンキー車が爆音でこれをかけていて思い出し、アルバム『True』を入手して過去のラルクについて調べ漁りましたね。

お気に入りのCDはたくさんあっても全曲が好きということはなかなかないと思うのですが、自分はこの『True』、全曲が好きです。なので、語るには文字数が足りねえ。次回につづく!

この記事を書いた人


プラーナ

henkou_ver

サブカル中二病系。永遠の14歳。大人のお子様。 

note

twitter

google+


instagram





スポンサーリンク