夏は暑い。当たり前だ。でも、暑いものは暑い。だからフランスのテクノ……フレンチ・ハウス(フレンチ・タッチ)のCDを引っ張り出してきた。アーティストは、Daft Punk(ダフト・パンク)、Madeon(マデオン)、Sebastien Leger(セバスチャン・レジェ)。熱気と湿気を吹き飛ばせるかな?

Daft Punk(ダフト・パンク)



言わずと知れたレンチ・ハウス(フレンチ・タッチ)の代表格。デビューアルバム『Homework』や、「One More Time」が大ヒットしてめちゃくちゃ売れた『Discovery』もいいけれど、やはりライブ盤がテンションあがる。

『Alive 1997』。なんどダフト・パンクの公式YouTubeにある。惜しむらくは映像がないこと。いちばん最初に貼り付けた動画が『Alive 2007』からの「Harder, Better, Faster, Stronger」。『Alive 2017』の発売……まだ期待していてもいいよね?


Alive 1997
Daft Punk
Virgin Records Us
2001-09-11



Alive 2007
Daft Punk
Virgin Records Us
2012-12-17



Madeon(マデオン)



Madeonを一躍、有名にしちゃったマッシュ・アップのライブバージョン。何度聞いてもスゴイわ。YouTubeに使用した曲の一覧が載っているけれど、どれもがメジャーな曲ばかり。これだけ誰もが知っている曲を組み合わせて個性が出せるなんて、もう、絶句するしかない。



というわけでライブ動画。なんか、ほのぼのとしてるな……。やはりというか、最後、マッシュ・アップの「Pop Culture」で終わるんだ。肩こりそうなぐらいラストまでキレッキレッのナンバーが続く。


ADVENTURE (DELUXE EDITION)
MADEON
SONY MUSIC SBT
2015-03-27



Sebastien Leger(セバスチャン・レジェ)



Sebastien Legerは2002年の暮れに出た『KING SIZE』が最高。ただし、ひとつだけ注意がある。アルバム本編よりも、日本盤(2003年)におまけで付いていたボーナスCDが絶品。もう、騙されたと思って買ってください……としか言いようがない。フレンチ・ハウス(フレンチ・タッチ)のコンピレーションアルバムは数多く発売されているけれど、これを超えるノンストップMIXがあれば教えて欲しい。そう思っているぐらい。

KING SIZE
セバスチャン・レジェ
インディーズ・メーカー
2003-06-25


※日本盤はこれでいいと思う……2CDという記述が見当たらないけれど


まあ、日本(京都)の夏は暑いわ。何をやっても暑すぎる。そのうち日本列島、溶けるんじゃないかと心配するぐらいに。


この記事を書いた人

yosh.ash

文章と音楽。灰色の脳細胞です。
*Respective Colours* Organizer
Respective Colours *Magazine*  twitter  


スポンサーリンク