今回は久々のヴィジュアル系トーク。それもなんと、GACKTさんです。



・何者なのかわからんのが最大の特徴だろうね。

皆さま、GACKTさんはご存知でしょうか?いや、もちろんご存知ですよね。では、彼に対して、どのような印象を抱いていますか?

ヴィジュアル系?
マリスミゼル?
上杉謙信?
ガンダム?
YOSHIKIさんの友達?
格付けランキング王?

月下の夜想曲
MALICE MIZER
日本コロムビア
1998-02-11


・・・たぶん、あなたの世代によって、あるいは趣味嗜好などによって、印象がバラバラだと思うのです。近年はお正月の格付けチェック番組で活躍する、なんか知らんけどセレブな人の印象が強いかもしれません。ただ、どの時代にも共通した印象は「実際のところ、何者かよくわからん」ということです(なんじゃそりゃ)。自宅のバスルームは30畳もあるだとか、噴水のふもとで寝ているだとかのエピソードが、それに拍車をかけてくれます。

・2000年代の『To-y』かも。



以前このブログで『To-y(トーイ)』というマンガを紹介したことがありますが、GACKTさんは「実写版トーイ」だと思うのです。少年時代にこれを読んで影響を受けたとしか思えないくらい、外見的にもキャラクター的にもトーイ。長身でクールで、意外と天然キャラだったりノリが良かったりするロックボーカリスト。違うところは・・・細身のトーイに対してGACKTさんはマッチョなところかな・・・。



んー・・・、いやしかし、どうなんだろう?このPVとかはなんかチャラいな・・・。やっぱり正体不明だわ。ある意味では、究極に2.5次元。まあ、どうやってあんなに稼いでいるの?とか、色々と黒い噂もありますが、それも含めてなんというか、幻想的なミュージシャンなんですな。

・偶像の塊みたいな芸能人が、ひとりくらいいてもいいんじゃない?

ゴールデンボンバーの記事で書きましたが、現在はブログやTwitterやInstagramなどで、簡単に有名人や芸能人の日常生活を覗けたり、場合によっては会話ができたり、一緒にゲーム対戦などができたりするようになりました。AKB48が成功して以降、会いに行って握手できることが売りのアイドルグループも増えました。

憧れの人に手軽に近づけるのは、それはそれで素敵なことだと思うのですが、個人的には「そういう有名人は、あくまで雲の上の人であってほしい」という考えがあるので、あんまり有名人アカウントをフォローしておらず、ましてやリプライなんてまずしません。

世の中での姿が偶像だとしても、偶像を守り抜いてほしい。素顔がどれだけ地味でもいいから、ヴィジュアル系はヴィジュアル系らしくいてほしい。本当はうんこしていてもいいから、アイドルはアイドルらしくいてほしい。表面上の姿だけで良いのです。

黒い噂が本当かどうか知らないけど別に知る必要もないし、本当は豪邸ではなく4畳半のアパートを借りていたとしても別に良いのです。ただ、ミュージシャンとして、俳優として、タレントして、格付け王として活躍するGACKTというキャラクターを楽しめば良い。まあ、だからこそ実年齢は明かしてほしくなかったというのが本音で、中世ヨーロッパの貴族という設定だったMALICE MIZER時代から引き継いで、プロフィールは1540年産まれのままにしてほしかったですけどね。どこかの相撲評論家のメタル悪魔は、自分が産まれるよりも前から10万歳を公言されておられたのだから頭が下がります。

RE:BORN
GACKT
GORDIE ENTERTAINMENT
2009-12-02


さて、この記事を書くにあたって、実はアルバム『RE:BORN』より後の作品は聴いていなかったので、さっそくここ数年の作品をお勉強(※自分にとっては、ヴィジュアル系は学問のひとつです)。・・・うん、前作では『小悪魔ヘヴン』っていう軟派な曲があったけど、最新アルバム『LAST MOON』は硬h・・・ん?なんだこれ?

 

・結論:やっぱり何者かわからん。

この記事を書いた人


プラーナ

henkou_ver

サブカル中二病系。永遠の14歳。大人のお子様。 

note

twitter

google+

instagram

スポンサーリンク