マンチェスター・シティFCはイングランドプレミアリーグに所属する、マンチェスターをホームタウンとしているプロサッカークラブです。1880年に創立され、1930年代から長く不遇の時を過ごしましたが2008年現オーナーに変わり復活。11-12シーズンには44シーズン劇的な優勝を果たし今に至ります。


ということで今回は今シーズンのシティを振り返ってみようと思います!



まずはPLの成績から

23勝 9引き分け 6敗 80得点 39失点 得失点差 41 勝ち点78  で3位


という成績でした。

最後の数試合でチームの形がやっとはっきりしてきての3位、という感じでした。もしシーズン中盤のバランスを失ったチームのままだと4位以下になっていてもおかしくなかったかな、と思わせる結構ギリギリの3位。

シーズン振り返り

シーズン開始からCLのプレーオフを含め怒涛の10連勝から始まり、タイトルに向けて高い期待から入ったのが1年目のペップシティでした。

ですがCLのGL2節目のセルティック戦で引き分けたところから少し様子がおかしくなり、スパーズに負け、エバートンと引き分けた後にバルサに4-0の敗戦。その後セインツと引き分けリーグカップでユナイテッドに負けるなど1カ月の間勝ちがありませんでした。

次のアウェイのWBA戦で0-4で大勝し1カ月ぶりの勝ちを手にすると、今シーズンのシティの最も大きな勝ちとも思えるホームでのバルサ戦の3-1の勝利、これは今までCLで散々あたってきた中で初めての勝利でした。

そこから11月は勝ったり引き分けたりと無難な感じになりますが、12月はチェルシーやリバプールに負けたり、レスターに大敗したりしつつもアーセナルに勝ったりとチームの波が激しくなってきます。

それが修正できないまま1月を迎え、エバートンに4-0の大敗。逆にハマーズ相手に0-4で大勝したりとチームを安定させることができないまま迎えたCL Round16モナコ戦は1stlegは5-3、2ndlegは3-1とアウェイゴールの差で敗退してしまいます。

それを引きずったままその後のリバプール、アーセナル、チェルシーとのビッグマッチ3連戦も2引き分け1敗、FAカップ準決勝アーセナル戦も延長に入り逆転されたりユナイテッドとのダービーも引き分けたり、ボロ戦もなんとか引き分けたりと4月も中々たて直せませんでした。

5月に入りコンパニとジェズスの復帰が効いてきたのかチームも安定し4連勝で今シーズンを締め、3位フィニッシュでCLストレートインという今シーズンでした。

チーム振り返り


非常にチームの好不調の波が激しく、しかもその波は試合中にさえあるというなんともシティらしいシーズンでした。オールドトラッフォードでのダービーの前半のシティやバルサ戦途中からのシティは恐らくヨーロッパでも屈指のチームだったでしょう。

かと思いきやダービー後半だったり、エバートン戦だったりのシティはプレミア中位にも劣るようなチームに姿を変えたりと本当に安定しないシーズンでした。

昨夏シティはSBを補強しなかったことが大きく響き、サイドから崩されたりペップの望むSBの攻撃参加の部分でうまくいかなかったりと完全に弱点になってしまい、その上GKはハートを出してまで望んだブラボがイングランドにうまく適応できずゴールマウスもフルオープンに。

CBはストーンズやオタメンディ、コラロフがなんとかやってくれていたものの各々守備の部分での軽率さは否めずコンパニ不在の影響も大きかったです。中盤もヤヤが戻ってきてからは何とかなっていたものの逆にカウンター時は穴になったりとギュンドアンの怪我の影響も大きかった気がします。

ポジティブな部分では冬に加入したジェズスが惜しくも怪我があったものの馴染むのも早く、非常に高いポテンシャルを見せていること、またそれに触発されたアグエロも途中から奮闘を見せてくれました。また、後半戦はサネがプレミアに慣れたこともあって大活躍をしはじめたりと新戦力がチームに大きな影響を及ぼしていました。


そして今シーズン忘れてはならないのは、ペップの戦術は「彼ら二人に自由を生み出すこと」とギュンドアンも語っていたシルバとデブライネです。

シルバはチームに創造性を与え、デブライネは今シーズン決定力を欠いたチームにもかかわらずアンリのアシスト記録に迫るシーズン19アシスト。
ただただ今シーズンはこの二人が人を辞めているの見続けるシーズンだったような気もします。
 
来シーズンに向けて

すでにサバレタの退団が発表されていたり、クリシーやナバスもほぼ退団決定。カバジェロとヤヤの去就も未定だったりとこの夏は大きくチームが変わることになります。

平均年齢が高くなっていたり、ベンチの層が厚く見えてそうでもなかったりするこの状況をチームは変えなければならず、先のタイトルを見据えての補強をするいわゆる「ビッグサマー」になるはず、というかならないといけない移籍市場になっています。


ということで!ICCだったり8月のシーズン開始だったり、9月頭に移籍市場が閉まるまでは情報から目が離せない夏になると思います!

ぜひ!この夏色々情報を追いつつ、きになる選手を見つけたらシティを追ってみるのはいかがでしょうか!

僕のツイッターを見るとシティの大きな移籍情報は大抵わかるかも・・・?


わせい

ついったー 

スポンサーリンク