仕事を終えて家に帰ってからの楽しみは、お風呂に入ってごはんを食べた後に第3のビールを呑みながらネットをダラダラと見ることというダメ人間な自分ですが、YouTubeをダラダラと流していることも多く、ここ数ヶ月YouTuberの動画もけっこう見ています。YouTubeの自動再生機能をオンにしていると、急上昇ランク上位だかなんだかの動画が、勝手に流れてくるんですね。そこから辿って、同じ人の別の動画に移ったりだとか。

今や、小学生が将来なりたい職業の上位だというYouTuber。その是非についてや、YouTubeそのものの将来性うんぬんについては置いておいて、自分が単純に面白いと思ったYouTuber動画を紹介してみます。


・劇団出身、こだわりの編集、癒やし系の変人。瀬戸弘司の動画



瀬戸弘司さんは劇団員出身の方らしく、演技がお上手です。この動画はローヤルゼリー「即効元気」とのタイアップ。9パターンの寸劇で、飲むと即効でパワフルでワイルドでスピーディーになれる、という効能をやり過ぎなくらい(というか確実にやり過ぎ)に表現しています。すべての配役を瀬戸さんが1人で演じています。おすすめは冒頭の寝起きプーンver.と、4:00あたりからのクラブドンキーver.ですね。



現在の奥様である「しずえさん」(当時はまだ彼女さん)と、香川県の小豆島(しょうどしま、と読みます)まで旅行した際のエピソード。「ドラゴンロード」という巨大な滑り台を2人で滑る内容。子供向けの遊具ですが、2人とも子供みたいに至極まじめに登って滑っていって、ひとつひとつのアトラクションに子供みたいに至極まじめに反応しているのが、めちゃくちゃ楽しそうでなんか好きな動画。オチが実に・・・子供が一番やりがちで、お母さんに怒られるやつ。この前後に、寝台特急「サンライズ瀬戸」乗車中に撮影されている動画がいくつかありますが、それもほのぼのしていて良いです。

・俺、実は売れる前からHIKAKIN知ってた(ガチで)。



日本国内トップのYouTuber、HIKAKINさんが自らさらけ出した、毎日の地味な生活。ほとんどの時間、部屋にこもってPCに向かって撮影と編集作業、食事は近所のコンビニで調達、他人としゃべる機会はほとんどなし、睡眠時間いつ?という内容・・・このいくつか後の動画で健康診断の結果がヤバかったとおっしゃっていますが・・・、うーん。売れっ子週刊連載漫画家と変わらない生活のような・・・。

で、実はですね、自分、2012年の時点で、YouTuberは来る!って思っていまし・・・いやそれはさすがに盛っていますが、そのくらいの時点で、YouTuberの動画そのものには触れていました。なんかその時期、仕事やめたくなって人生再生計画みたいなのを考えていて、毎晩のように暴飲暴食しながらインターネットに埋もれていまして(後半は今もあんまり変わっていない)・・・、ニコニコ動画はしばらく閲覧しないうちに東方Projectが広まっていてネタについていけなくなっていて、仕方がないからYouTubeをひたすら漁っていたら、これを見つけて喜んでいたんですよね。どうしようもねえな当時の自分。



このコラボも、2012年時点で知っていました。そうなんだよ、俺、売れる前からHIKAKIN知ってたぜ。




・別に、視聴者はテキトーに見てればいいでしょうよ。

で、ネット上でよく議論されているじゃないですか。子供がなりたい職業の上位になっている点に関連して、将来性がどうこうとか。でもそういうのは、YouTuberご本人や事務所や関係者の人が考えればいい話だと思うんですね。路上で弾き語りしている人やアマチュア芸やっている人たちを見かけても、友達や知り合いでもなければ、その人たちの将来を考えたりしないでしょう?

逆に、熱烈に応援したいと思ったら、好きなバンドのライブを観に行く感覚で、何度も動画再生したりコメントすればいいし、自分みたいにどっち付かずだけど嫌いじゃないよ、っていうんなら、たまになんとなく、ながら再生でもすればいい。

YouTubeやGoogleの将来なんてものはよくわかりませんけど、成功した人たちがいるということは、なんらかの可能性は確実に秘めているということ。その状況を受け手として楽しんだほうが、合っているかどうかわからん意見を投げ合う終わりなき議論をするよりハッピーだと思うけどなあ・・・、っていう。珍しく、真面目に締めました。ああ、うん。いつものヴィジュアル系論を真面目に締めろよな、っていう。

この記事を書いた人


プラーナ

henkou_ver

サブカル中二病系。永遠の14歳。大人のお子様。

note

twitter

google+

instagram

スポンサーリンク