1月1日の午前にお稲荷さんが毎年恒例になっている地元民どすぅ。伏見稲荷大社は千本鳥居が海外の方にも有名で、人気が高い。元日は人が多い、多い、多い。しかし、そこは京都市伏見区生まれの京都人。帰り道は抜け道からスルスルと混雑をさけて初詣~(^^)

京都駅からJR奈良線の稲荷駅へ

fushimiinari1

JR奈良線で行けば2駅。ふだんは通り過ぎる「みやこ路快速」も臨時列車が出ていたし、すぐに到着。軽く混雑してたけど、まあ、2駅ならガマンできる。京阪電車(おけいはん)の伏見稲荷駅を利用しても、よろしおす~。

あっ、イイ匂いの誘惑が……

fushimiinari2

駅を降りると誘惑だらけだ。鮎の塩焼き?・ω・

あっ、ヨダレの誘惑が続く……

fushimiinari3

目的を忘れかけるぜ。美味しそうな団子・ω・

煩悩をふりきって本殿に到着!

fushimiinari4

お賽銭の5円玉を投げて、参拝する。「鈴の緒」が外されていた。混雑緩和に役立っているのだけれどね。音がないのは少し残念。一息ついてから、ゆっくりと拝む。さらに奥へと歩いていき、おみくじをひく。そして、右手の方へと進んでいく。目指すは千本鳥居。

千本鳥居の入口

fushimiinari5

でも、くぐらない。ここから横にある小道を抜けて、閑静な住宅街へ出る。お稲荷さんの初詣はおしまい。また、来年に行くし~。びゃっこさん(白い狐)、今年1年のご利益、よろしく。しかし、大吉のおみくじ、なかなか出~へんな~(-_-;)

お稲荷さんは、ええーとこなので、ぜひ、おこしやす!




この記事を書いた人

yosh.ash

文章と音楽。灰色の脳細胞です。
*Respective Colours* Organizer
Respective Colours *Magazine*  twitter  


スポンサーリンク