ジョニー・ウィアーはフィギュアスケート界のエンターテイナーだ。2009年~2010年シーズン「ポーカー・フェイス」(レディー・ガガ)のエキシビションで強烈なインパクトを残した。羽生結弦もリスペクトする海外選手に皇帝プルシェンコとジョニー・ウィアーを挙げている。

全米フィギュアスケート選手権で3連覇したとか、冬季オリンピックで2回入賞しているとか、そんな話は他の方にお任せする。細かい情報も軽く流す。さて、ひとりのファンがジョニー・ウィアーの魅力を熱く語るよー!

ジョニー・ウィアーは心優しきイイ奴である



2010年、バンクーバー五輪のフリープログラム。織田信成、靴のヒモが切れちゃったオリンピックだ。「織田くん、また、やっちゃったよー(あたたかいフィギュアスケートファンのまなざし)」。チャップリン織田信成の話はどうでもいい。ジョニー・ウィアーの演技を見てもらう。

動画の「3:16:30」あたりである。無駄な動きがない。しなやかだ。そして演技後の「3:22:45」から画面を凝視していただこう。赤い花が似合う選手はいない。いや、そこではない。会場の得点がアナウンスうされたあと観客からブーイングが起こる。「点数、低すぎじゃねーの!」と誰もが思った。

ジョニー・ウィアーは客席に向かって手を振り、ブーイングを抑えるようなゼスチャーをした。舞台は4年に1度のオリンピック。選手たちは極限まで自分の肉体をブラッシュアップしてきた。とっさに、そんな行動ができるのは並大抵の神経ではない。次に滑走する選手への配慮も感じられた。とんでもなく心優しい行動だ。

ジョニー・ウィアーは、とてもイイ奴である。

一気に魅力を語る。

ジョニー・ウィアーはタラ・リピンスキーと仲良しである



動画を見ていただこう。2013年、ジョニー・ウィアーは公式競技から引退した。引退した選手が、プロスケーターや、大会の解説やレポーターをするのは、よくあるパターンだ。ジョニー・ウィアーはタラ・リピンスキーと解説などをしている。

タラ・リピンスキーはロシアの女子フィギュアスケート選手だった。冬季オリンピック(長野)の金メダリストだ。シニアとしての競技は実質2シーズン。現在はプロスケーターよりもテレビやネットでの露出が多い。

ジョニー・ウィアーはタラ・リピンスキーと仲良し~である。



めちゃくちゃ、仲良し~である。


ジョニー・ウィアーは犬・パンダ好きである



ジョニー・ウィアーのInstagram。もちろん、フォローしている。自撮りが多い。ときどき、犬やパンダの写真がアップされている。かなりの犬好きであるような印象を受ける。パンダは「ping」ちゃんというぬいぐるみだ。パンダ好きに悪い人はいない。ぬいぐるみと一緒に遊んでいる写真をアップするスポーツ選手は少ない。しかし、似合うので許されるのがジョニー・ウィアーだ。

動画を見てもらおう。ジョニー・ウィアーは釣りまでやる。引退後はフィギュアスケートという枠を超えて、ジョニー・ウィアーは活躍している。ファッション系がその代表だろうか。センスの良さは抜群だ。最低なのは、日本のテレビ番組での吹き替えぐらいだと思う。仕事を選んでいるのかどうかは分からない。しかし、いろいろなことをする。やってしまう。

ジョニー・ウィアーはオチャメで、kawaiiもの好きである。

さらに高速スピンで飛ばす。

ジョニー・ウィアーはファンを愛するアーティストである

公式サイト http://johnnygweir.com/

2014年、上海でのアイスショーの動画が残っているだろうか。レスリー・チャン主役の映画『さらば、わが愛/覇王別姫』(英語のタイトル:Farewell My Concubine)を演じている。滑っているのではない。ザッツ・エンターテインメント!これこそ、ショーだ。

YouTubeには熱狂的なジョニー・ウィアーのファンと思われるアカウントが検索にかかる。 世界中にジョニー・ウィアーのファンクラブがある。ジョニー・ウィアーはファンを大切にしている。プロフェッショナルである以上は当たり前だが、自然体でファンを愛しているように見える。

ジョニー・ウィアーは、とにかくイイ奴である。

ジョニー・ウィアーはアーティストである?



同じく2014年。ジョニー・ウィアーはボリウッド(インド映画)にも挑戦している。日本では『銃弾の饗宴 ラームとリーラ』という邦題で上映された映画だ。使われた曲は「Nagada Sang Dhol」。ジョニー・ウィアーの視野に国境はない。

フィギュアスケートはスポーツだ。順位が出る。記録が残る。アート(芸術)の線引は難しい。ただ、これだけは言える。どのようなスポーツであっても、ある臨界点を超えたものは人々の心を魅了する。心に、記憶に、残る。アート(芸術)の定義なんて、どうでもいい。

びーちふる!!

ジョニー・ウィアーは美の探求者である。

この記事を書いた人

yosh.ash

文章と音楽。灰色の脳細胞です。
*Respective Colours* Organizer
Respective Colours *Magazine*  twitter  


スポンサーリンク