Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

ぷらすです。 国道国道230号、札幌市南区と虻田郡喜茂別町をつなぐ中山峠で売られている北海道名物「あげいも」をご存知でしょうか? 茹でたジャガイモがまるごと入った揚げドーナッツで、ボリューム満点のおやつなんですね。 今回は、そんな北海道名物「あげいも」のレシピをご紹介しますよー!(´∀`)ノ ...

偕成社の「もののけの家」 (ほりかわりまこ)を考察しています。  今回は国内の絵本です。今昔物語に着想したお化けの絵本です。広島に伝わる伝説との比較もちょっと入れてみました。ハロウィーンも近いですし、日本のお化けの話もいいんじゃないでしょうか。楽しんでください。 ...

チベットでもエジプトでも、そして折口信夫のでもなく、ジョナサン・キャロルの小説「死者の書」。創元推理文庫から出版されている。原題は「The Land of Laughs」なので、「死者の書」でも何でもないのだけれどね。これまでの翻訳は次の通りだ。 ...

プレミアリーグとはイングランドのサッカーリーグにおける、トップディヴィジョン。1992年にリーグ改変によりフットボールリーグから分離して新設。8月スタートの5月終わりで、20クラブによるホーム&アウェイの全38節を戦います。世界のリーグの中でもフィジカル的に激しいリーグとして知られるほか、近年はアジア人気も高く各チームが巨額の放映権料によりスター選手を抱えています。 ...

☆食欲の秋! お子さんと一緒に、ホットケーキを作ってみませんか。  作り方と楽しみ方を、お子さんと一緒に学べる絵本「しろくまちゃんのパンケーキ」の話題です。ホットケーキの,甘い匂いがいまにも漂ってきそうです。 ...

プレミアリーグとはイングランドのサッカーリーグにおける、トップディヴィジョン。1992年にリーグ改変によりフットボールリーグから分離して新設。8月スタートの5月終わりで、20クラブによるホーム&アウェイの全38節を戦います。世界のリーグの中でもフィジカル的に激しいリーグとして知られるほか、近年はアジア人気も高く各チームが巨額の放映権料によりスター選手を抱えています。 ...

安室奈美恵さんが先日、引退を発表されました。彼女を初めて見たのは小学生の頃。そのオーラはとてつもなくて、『How to be a girl』という曲のPVを当時のテレビ音楽番組『歌の大辞テン』で視るたびに見惚れていました。しかし同じ時期にもう1人、自分がとてつもないカリスマ性を感じた歌手がいます。それが、1997年の河村隆一さんです。 ...

ぷらすです。 10月27日に続編『ブレードランナー2049』が公開される伝説のSF映画『ブレードランナー』 しかし1982年以来35年ぶりの続編ということで、そもそも『ブレードランナー』を観たことがない人や、内容をうろ覚えな人も多いハズ。(僕もその一人ですが) そこで、今回は映画『ブレードランナー』を復習する意味で、ざっくり内容や設定、何がそんなに凄かったのかを、書いていきたいと思いますよー!(´∀`)ノ ...

あなたはピアノとバイオリン、どちらがお好きですか?  コロン コロロンと、ピアノが鳴り響きます。  学校で聞き慣れたピアノと、おじいちゃんのピアノの違いもありますね。  身近な楽器の音を思い出しながら、読んでください。 ...

「ぼくの哲学」の原題は「The Philosophy of Andy Warhol(From A to B and Back Again)」。ポップアートの代名詞的な存在である、アンディ・ウォーホルのエッセイのような不思議な本だ。書かれたのは1975年。「In 15 minutes everybody will be famous.(15分で誰でも有名人になれるだろう)」の通り、彼が時代の寵児だった頃の話だ。 ...

久しぶりにマンガトーク。自分の持っている、読んでいるマンガって、わりとギャグマンガが多めなのです。それもシュール寄りなものが多い。いや、シュールといってもまだギリわかる・・・くらいのもの。カオスというほどのものではなく、ある程度のキャッチーさはある感じの ...

ぷらすです。 北海道には美味しい食材が沢山ありますが、特にジャガイモはその代表格と言えるんじゃないでしょうか。というわけで、今回はジャガイモを使った道産子のソウルフード「いももち」のレシピをご紹介しますよー! ...

ひとときはアハイオ州の冬だった。(引用:「火星年代記」翻訳、小笠原豊樹)レイ・ブラッドベリの傑作「火星年代記」は、こんな一節で始まる。絶品だよね。名作と呼ばれる小説は最初の1行で読者を引き込んでいくものだけど、これもたまらなく上手い日本語訳だ。何度も繰り返し、読みたくなる。 ...

↑このページのトップヘ