Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

ぷらすです。 今回ご紹介するのは、全編カラーページの料理マンガ 『ごはんのおとも』ですよー! 僕はたまたま、ネットでこのマンガを知ったんですが、無料の試し読みで第1話を読んで、次の日に本屋に買いに行きましたよー! 優しい物語にホッコリして、見ているだけで美味しそうな「ごはんのおとも」は試しに作りたくなること請け合いです! ...

イントロが流れると、切ない気分が押し寄せてくる。そんな名曲を集めてみた。人それぞれ好みはあるだろう。日本の曲にしぼった。さらに、男性ボーカリストの歌だけに狭めた。何度、聴いても身体が震えてくる名曲の邦楽編だ。並べてみると何かしらの共通点が見えてくる。 ...

トラウマになっているバンド。 ひとつは、前々回、前回の記事で紹介したLUNA SEAですが、もうひとつは・・・・・、黒夢です。LUNA SEAより以前、小学生の頃、徳光和夫さんが司会をされていた歌番組「歌の大辞テン」で、『少年』の映像だけは視たことがあり、「なんたこの上半身裸のガリガリの気持ち悪い金髪の人はっ!?(超失礼)」と思ったことはありますが、ちゃんと知ったのはLUNA SEAよりも後でして、高校に進学してから中古ショップでCDを揃えました。 CDを揃えるうちにわかったことは・・・・・、黒夢(というか、ボーカルの清春さんが)、とにかく、音楽性、方向性がコロコロ変わるのです。 ...

バックパッカーとして訪れたインド。初めてのツアー旅行で魅せられたヴァラナシへ再度チャレンジしに、寝台列車に乗って一晩かけて向かう。インドの寝台列車はこれまたカオス。一度は乗ってみる価値あり!そんな列車移動について書いてみようと思う。  私の席はどこ?インド ...

ジョニー・ウィアーはフィギュアスケート界のエンターテイナーだ。2009年~2010年シーズン「ポーカー・フェイス」(レディー・ガガ)のエキシビションでは強烈なインパクトを残した。羽生結弦もリスペクトする海外選手に皇帝プルシェンコとジョニー・ウィアーを挙げている。 ...

ダビド・シルバ(David Josué Jiménez Silva)はスペイン・カナリア諸島出身のマンチェスターシティ所属、スペイン代表のサッカー選手。地元クラブからバレンシアユースに移籍し、2004年ローン先の当時2部のエイバルSDでプロデビュー。その後セルタで1年プレイし、2006年にバレンシアに戻るとすぐにスタメンに定着。2010年にマンチェスター・シティに移籍する。 ...

暗い。 これもまた、一般的なヴィジュアル系のイメージのひとつではないでしょうか。黒系の衣装を身に纏っていて、陰鬱な内容の曲が多い。   前回の記事で紹介したLUNA SEAも、初期は黒系のファッションで固めていたし、1996年末に活動休止するまでの楽曲、特にカップリング曲には陰鬱なものも多いです。 ...

初めてバックパッカーとして訪れたインド。デリーの安宿街パハール・ガンジの喧騒や埃の中をふらふら歩き、おしゃれスポットのコンノートプレイスで高級宝石店を覗こうとしてドアマンに「No!」と追い返されたり。少し歩けば刺激に当たる。そして寝台列車で次の目的地ヴァラナシへ向かうのだ。 ...

ぷらすです。 今回ご紹介するのは、 2012年~2016年までガガガ文庫から刊行された、赤城 大空(あかぎ ひろたか)のライトノベル『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』ですよー! エロが禁止された近未来のディストピアな日本を描いたコメディー作品です。 ...

2016年に発表されたアルバムの個人的ベストだ。3枚にしぼる。デヴィッド・ボウイ(David Bowie)とレディオヘッド(Radiohead)は外せない。アンダーワールド(Underworld)、ブロッサムズ(Blossoms)あたりを入れてもいい。最後の1枚はベタに選んでしまった。順位は付けない。 ...

ヤヤ・トゥーレ(Gnégnéri Yaya Touré)は1983年5月13日生まれ、コートジボワールのパンダマ渓谷州出身のマンチェスターシティ所属のコートジボワール代表のサッカー選手。 母国コートジボワールのASECミモザのユースに所属したところから始まり2000年にプロデビュー、ベルギーのKSKベフェレン、ウクライナのメタルルフドネツク等を経てビッグクラブへと近づいていく。 ...

前回は私の初インドにしてすっかりインドに魅せられた話を書いた。今回はバックパッカーとして一人で訪れた時のお話し。バックパッカーならではの珍事もあり、やはりインドという国は侮りがたしと、さらにのめり込んでいく様子をお届けしよう! ...

ぷらすです。 今回ご紹介するのは、日本では昨年公開された、ジョージ・ミラー監督作品。 『マッドマックス 怒りのデスロード』(原題:Mad Max: Fury Road) ですよー! 本作は間違いなく、今後100年語り継がれる名作です! なのでまだ観ていないという人に向けて、ザックリ解説を書こうと思いますよー! ...

京都市は日本でも有数の観光地です。秋になると、紅葉を求めて世界中の旅行客がやってきます。修学旅行の定番ですよね。ただ、嵐山や清水寺などの有名なところは人だらけです。そこで地元民である、わたしがオススメの穴場スポットを紹介しましょう! ...

↑このページのトップヘ