Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

2018年5月11日、Beach House(ビーチ・ハウス)2年半振り7枚目のアルバム『7』が発売された。すでに、2月14日にシングル「Lemon Glow」、3月7日にはシングル「Dive」が発表されていたが、Beach House最高のアルバムと言い切っていい最高の出来である。両シングルは、PitchforkでBest New Trackに選ばれ、アルバム『7』の採点は驚きの8.9。 ...

名探偵のコナンくんに教えてもらった、1987年のメジャーデビューから改名時期や活動休止を経て、現在もその名前で転がりつづけているロックバンド・ユニット・ソロプロジェクト・・・な、実に複雑な経緯を歩む、偉大なる「ZIGGY」について、後追いのクソガキが好き勝手に書くシリーズ5回め。 ...

今回は元気を出したい気分なので映画『アイデン&ティティ』について。2003年12月に公開された映画なのでずいぶん前の映画になってしまったが、この映画は一部の人達にとってはずっと色褪せることがない魅力がつまっていると信じている、いや信じたい。 『アイデン&ティテ ...

ご存知、世界的アニメ監督の宮崎駿監督のアニメを1作づつ語っていくこのシリーズ。 ただ、TV版も入れると作品が多すぎるので、宮崎さんの劇場作品に限定して語ります。 その第9弾となる今回は、キムタクが声を当てたことでも話題になった『ハウルの動く城』ですよー! ...

 『眠れる森の美女』としても有名な、グリム童話のひとつです。絵本です。  寝てばかりで太ったりしないのでしょうか。いいよね、寝ていて王子さまが救ってくれるんだから。うらやましい話です。幸せが来るには、いろんなパターンがあるという話なのかもしれません。 ...

1948年の作品。はじめて観たのはテレビかな、それともレンタルで借りてきたのか、実はいつ頃だったのかも記憶があやしい。『ノートルダムの傴僂男』や『ゾラの生涯』を撮ったウィリアム・ディターレ監督の名作だ。原作はロバート・ネイサンの小説。何度も観ている。 ...

名探偵のコナンくんに教えてもらった、1987年のメジャーデビューから改名時期や活動休止を経て、現在もその名前で転がりつづけているロックバンド・ユニット・ソロプロジェクト・・・な、実に複雑な経緯を歩む、偉大なる「ZIGGY」について、後追いのクソガキが好き勝手に書くシリーズ4回め。 ...

ご存知、世界的アニメ監督の宮崎駿監督。 そんな宮崎さんのアニメを1作づつ語っていくこのシリーズ。 ただ、TV版も入れると作品が多すぎるので、宮崎さんの劇場作品に限定して語ります。 その第8弾となる今回は、今も日本歴代興行収入第1位で数々の映画賞にも輝いた『千と千尋の神隠し』ですよー! ...

今年の5月に亡くなられた、加古里子(かこさとし)さんの絵本です。  だるまちゃん、というところがミソですね。だるまって、大人のイメージがあったのに、小学初級ぐらいの男の子という設定……。ここについていけるかいけないか、でこの本の評価も違ってくるかもしれません。 ...

ミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry)の名前を始めて知ったのは、ご多分にもれず、ビョーク「Human Behaviour」のMVだった。1993年のこと。ビョーク『Debut』の1曲目だ。レニー・クラヴィッツ「Believe」やスティーナ・ノルデンスタム「Little Star」は曲が好きだったこともあって、「おぉ!ビョークの人がMVを撮っているのか」って認識だった。で、映画「エターナル・サンシャイン」を観た。2004年のことだ。 ...

名探偵のコナンくんに教えてもらった、1987年のメジャーデビューから改名時期や活動休止を経て、現在もその名前で転がりつづけているロックバンド・ユニット・ソロプロジェクト・・・な、実に複雑な経緯を歩む、偉大なる「ZIGGY」について、後追いのクソガキが好き勝手に書くシリーズ3回め。 ...

今回紹介するのは1968年に公開されたイギリス・フランス合作の映画『あの胸にもう一度』だ。ずいぶん古い映画だが、いわゆる「スウィンギング・ロンドン」の影響を受けたサイケデリックな色彩を感じることができる、今観返してみても十分にスタイリッシュな映画だと思う。 ...

ご存知、世界的アニメ監督の宮崎駿監督。 そんな宮崎さんのアニメを1作づつ語っていくこのシリーズ。 ただ、TV版も入れると作品が多すぎるので、宮崎さんの劇場作品に限定して語ります。 その第7弾となる今回は、構想16年、制作に3年をかけた大作『もののけ姫』ですよー! ...

ストーリーらしいストーリーのない、赤ちゃん向けの絵本「ぶーぶーぶー」です。かわいらしいカラフルな車の絵! おとなも子どもも一緒に読んで、次にどんな車がでるか、当てっこゲームしてみませんか。絵本らしいやわらかいタッチの本です。 ...

いま手元にある本で一番古いのは何かな……と探してみたら、こんなのが出てきた。保育社のカラーブックス「自動車Ⅰ」。サイズは文庫本より少し小さい。表紙は赤のカルマンギア・クーペ。かっこいい。初版は1966年。手元のは第7刷で1971年の発行だった。紛れもない、買ってもらった本で最も古いもののひとつだ。 ...

↑このページのトップヘ