Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

『青い目のネコと魔女をおえ』を紹介します。有名ではありませんが、読み応えは充分ありますし、考えさせられる話です。中世ヨーロッパの魔女狩りに材を取った物語。子守唄のなぞとネコへの迷信の話です。 ...

前回の続きです。 ・『NIGHTMARE/FINALE』にした方が良かった?6thシングル『NIGHTMARE』 NIGHTMARE [CD] Sads EMIミュージック・ジャパン 2000-11-16 ハイスピードチューン。・・・ただ、今回は昔のインディーズのヴィジュアル系にありそうなダーク頭シェイクチューン。結局、こーゆーのが好きなんだろ?って言われている感じ。うん、・・・好きだよ。 ...

今年の夏は毎日暑い日が続いてますねー。 そんな時はソーメンとか蕎麦など冷たい麺類に走りがちですが、バリエーションがなくて味に飽きちゃったりしがちですよね。 というわけで、今回はいつもとちょっと違う冷し麺レシピを2種類ご紹介しますよー! ...

あきらめないでいるということは大切。石の上にも三年。意志あるところに道あり。そういうことはともかくとして、かえるくんかわいい。このかえるくんは、アオガエルなのかな? 小さい体に秘められた粘り強い根性を感じる絵本です。 ...

前々回、前回は、今年いっぱいで活動停止を発表したSADSの・・・、それも2003年までに存在したSADSのアルバムについて書きましたが、今回と次回はシングルについて。 ・途切れた黒夢を忘れるために暴れようか。1stシングル『TOKYO』 ...

かぐや姫です。黄金の髪をしていた、という説があるようです。だから部屋のなかでも輝いていたという。ホントかどうかは知りません。 ...

今年のフジロックからYouTubeで生配信している。ということは世界中でライブの映像(一部だけど)が流れているわけで、それはそれでおもしろい。なんだか、ぼんやりしていると、Coachellaあたりのライブ映像を観ているような気分になったりする。初日の生配信をだらだらと観ていたけど、Tune-Yardsがよかったな。会場で体験しているより、肌で感じる迫力という点ではずっとずっとずっと落ちるのはしかたないところだけど。 ...

前回に引き続き、1度めの解散までのSADSについて。 ・Heavy,Loud and Glamorous.Violent Metamorphosis! 『THE ROSE GOD GAVE ME』 THE ROSE GOD GAVE ME THE ROSE GOD GAVE ME [CD] sads エイベックス・トラックス 2010-07-07 「HEAVY&LOUD。そしてGLAMOROUS。暴力的変貌を遂げた新生サッズ、反逆のリアル・ファースト・アルバム!」 なんだかパワーワードだらけなキャッチコピーが印象的ですが、実際に、3作めにしてようやくロックバンドらしくなったので、というかそれまでの2作はいずれも手探り感が強かったので、まさに本当の意味でのSADSのファーストアルバムだと思います。その後の活動は尻すぼみになってしまうのですが・・・。 ...

  今年の5月に亡くなられた、加古里子(かこさとし)さんの絵本です。  だるまちゃん、というところがミソですね。大人であるはずのだるまが、小学初級ぐらいの男の子という設定……。これについていけるかいけないか、でこの本の評価も違ってくるかもしれません。 ...

NUUAMMは青葉市子と、GEZANのフロントマンでもあるマヒトゥ・ザ・ピーポーからなるユニットだ。NUUAMMの由来は ”夜を縫う、朝を編む” から。2014年に1stアルバム『NUUAMM』、2017年には2nd album『w/ave』を発表している。 ...

2018年いっぱいでの活動終了を宣言した、ボーカルの清春さん率いるロックバンドsads(サッズ)ですが、個人的には「ああ、2度めの解散か・・・」と思いました。 ・あのSADSは2003年に解散した。 というのも自分は、SADSは2003年で一度、解散したと思っているので・・・。現在のSADSのメンバーは、ボーカルの清春さん以外は全員、2003年までとは違うメンバーだし、音楽的にもだいぶ違います。その、初代SADS、1999年から2003年までのSADSについて書きます。 ...

↑このページのトップヘ