Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

  今年の5月に亡くなられた、加古里子(かこさとし)さんの絵本です。  だるまちゃん、というところがミソですね。大人であるはずのだるまが、小学初級ぐらいの男の子という設定……。これについていけるかいけないか、でこの本の評価も違ってくるかもしれません。 ...

NUUAMMは青葉市子と、GEZANのフロントマンでもあるマヒトゥ・ザ・ピーポーからなるユニットだ。NUUAMMの由来は ”夜を縫う、朝を編む” から。2014年に1stアルバム『NUUAMM』、2017年には2nd album『w/ave』を発表している。 ...

2018年いっぱいでの活動終了を宣言した、ボーカルの清春さん率いるロックバンドsads(サッズ)ですが、個人的には「ああ、2度めの解散か・・・」と思いました。 ・あのSADSは2003年に解散した。 というのも自分は、SADSは2003年で一度、解散したと思っているので・・・。現在のSADSのメンバーは、ボーカルの清春さん以外は全員、2003年までとは違うメンバーだし、音楽的にもだいぶ違います。その、初代SADS、1999年から2003年までのSADSについて書きます。 ...

久しぶりですが、ZIGGYシリーズの7回めです。ここ数週間ほど気分はX JAPANとLUNA SEAだったのは内緒ですが(ぜんぜん内緒にできていない)、'80年代のバンドブームの中心として語られるものの、その後も名曲がたくさん存在する、もっと評価されるべき(というのも偉そうな感じではあるけど)、偉大なる日本のロックバンドZIGGYについて。 ...

僕はアボカドが大好きなんですけど、食べ方のバリエーションが少なくて結局いつもマグロの刺身と一緒にわさび醤油で……ってなっちゃいます。 そこで今回は、今まで試したことのないアボカドの炒め物を作ってみましたよー! ...

シェル・シルヴァスタインの『おおきな木』を紹介します。知らないひともいるかも? 村上春樹さんが翻訳しています。題だけ見てると、なんの魅力もないわけですが、この題には深い意味が隠されているのかもしれません。ただ背丈が大きいだけの木ではないのです。泣けます。 ...

その昔、気の合った友だちと徹夜で麻雀をしていた時期があった。20歳前後の頃だ。バカみたいに元気で、アホみたいに騒ぎまくっていた。黄色い朝日がまぶしかった。麻雀をするときには、いつも何かの音楽がかかっていた。ふだんは聴かない音楽でも、麻雀をしながらくりかえし聴いていると帰宅する頃にはその曲をすっかり覚えていたりした。 ...

今回は久しぶりに、料理のレシピ記事です。 先日、スーパーで特売手羽先を買って「さて、どう食べるべー」と考えてたんですが、漬け焼きのレシピを見つけて美味しそうだったので、ちょっとアレンジして作ってみました。 ...

うらしまたろうの話です。アインシュタインが相対性理論で使った単語、『ウラシマ効果』の語源でもあります。そのほかどうでもいい雑学があれこれ。昔の人は、想像力がたくましかったのかもしれませんが、話のつじつまが合わないところが民話らしい。 楽しんでね。 ...

行ってきました。『LUNATIC FEST. 2018』。6月23日と24日のどちらに行くか、直前まで迷っていたのですが、結局は24日の日曜日にしました。23日のDIR EN GREYとGLAYも観たかったのですが、lynch.とMUCCが観たい、というのと、いちおうアニメの『スラムダンク』やドラマの『味いちもんめ』を子供の頃に観ていた世代なので、大黒摩季さんが気になる、そして、もうひとつの理由。 ...

ご存知、世界的アニメ監督の宮崎駿監督のアニメを1作づつ語っていくこのシリーズ。 ただ、TV版も入れると作品が多すぎるので、宮崎さんの劇場作品に限定して語ります。 その第11弾となる今回は、現状、宮崎駿監督最新作となる『風立ちぬ』ですよー! ...

『あしながおじさん』をはじめて読んだのは、中学生の時。孤児院の実態を知らなかったわたしにとっては、とても衝撃的でした。ラストまで一気に読んで、あしながおじさんの正体を知ったときは、ジュディといっしょに喜んだものです。今回は、このなかにおける作家になる秘訣のようなものを見つけたので、そのご紹介です。 ...

↑このページのトップヘ