Res-C

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

好奇心をくすぐる 毎日が面白くなる それが「Res-C」

エデルソン・モラレス(Ederson Santana de Moraes)は1993年8月17日生まれ、ブラジルのサンパウロ州オザスコ出身のマンチェスターシティ所属、ブラジル代表のサッカー選手。 地元サンパウロユース出身で、2009年ポルトガルのベンフィカユースへと移籍。 ベンフィカでトップチームと契約には至らず、ポルトガル2部のリベイロンでプロデビューし、その後リオ・アヴェに移籍。 その後2015年にベンフィカに復帰し、2017年5月31日にブッフォンに次ぐ史上2番目の移籍金でマンチェスターシティに加入。 ...

プロフィール欄に「サブカル中二病系」と書いているように、自分はいい歳して中学生みたいな妄想が止まらない残念な人なのですが、もちろん現役で中学二年生の頃にはすでに立派なプロ厨二ストでして、学校に馴染めないプチ不登校児の根暗オタクでした。テストの日だけ会議室登校の。そんな闇の中学生時代に出会った愛聴盤が2枚あります。今回はそのうちの片方、大槻ケンヂさん率いる筋肉少女帯の、史上もっとも「病んでいる」オリジナルアルバム『レティクル座妄想』を紹介します。 ...

さあ、今まで触れていなかった『コインロッカー・ベイビーズ』(村上龍)について書いてみようと思う。ちなみに『コインロッカー・ベイビーズ』は私が今までの人生で読んだ小説の中で「ベスト3を挙げよ」と言われれば必ず入れる作品だ。初めて読んだ高校生の時に受けた、強烈な衝撃はいまだに忘れられない。 ...

ぷらすです。 アメコミ原作の映画って基本、ビックバジェットで見ごたえがあるんですが、一方で最初に乗り遅れてしまうと中々取っ付き辛いという難点もあったりしますよね。 そこで、今回は「マイティー・ソー」シリーズは萌えキャラの宝庫であるという視点から、全2作&現在絶賛公開中の「マイティー・ソー/バトルロイヤル」をご紹介したいと思いますよー! (´∀`)ノ ...

☆ラララン ロロロン ワンピース、わたしに似合うかしら? のリフレインが効いている「わたしのワンピース」。突拍子もない話ですが、子どもの想像力を育む上では、こういう絵本も必要かもしれません。さて、今日のうさちゃんは、どんな柄のワンピースになるのかな。 ...

あの有名なファッションブランド「グッチ(Gucci )」の2017年秋冬コレクション広告がこれ。タイトルは「Gucci and Beyond」だ。CGって何?って時代の特撮モノにリスペクトした動画に仕上がっている。音楽も素敵だ。しかし、グッチがやるとオシャレに見えてくるのが不思議である。 ...

日本対ブラジルは11/10の日本時間21時からフランスで、日本対ベルギーは11/15の日本時間4時45分からベルギーで行われるサッカーの国際親善試合です。 ブラジル代表はチッチ監督の「W杯まで時間がない」という理由で主力メンバーを招集、ベルギーも何人かテスト組が混じっているもののほぼ主力メンバーを招集しています。 ...

さて、今回触れるのは映画も話題になった『沈黙』(遠藤周作)。遠藤氏の小説は神と自分との対峙が主題になっている作品が多い。私はよくいる日本人なのでこれといった宗教を持たないが、なぜか遠藤氏の小説には感じるところが多く、小説はすべて読んでいる。 ...

ぷらすです。 11月に入って劇場では、年末・年始は怒涛のビッグバジェット作品の公開ラッシュが始まりますね。 そんな中、一番多くのファンが大いなる期待と不安を持ちながら待っているのがシリーズ最新作『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』ではないかと思います。 というわけで、今回はスター・ウォーズシリーズの生みの親、ジョージ・ルーカスについて、ざっくり語ってみたいと思いますよー! ...

「こどもものしりずかん」の話です。図鑑なので、ストーリーはありません。日本語と一緒に英語も載ってます。お子さんと一緒に、固有名詞やあいさつなどの英語との違いを学べる本だと思います。ひとつひとつ、答えを隠して、「これなあに?」とやってみるのも、楽しいかもしれません。 ...

未だに水車を見ると、「本陣殺人事件」を思い出す。頭ん中のイメージが、水車→琴→密室→日本刀→三本指……。そんな感じ。小学校の高学年から中学校にかけての読書、その大半は横溝正史だった。当時、耳鼻科に通っていて、その待ち時間に読んでいた。週3日ほど通ってたのかな。1時間以上待つのがふつうだったから。 ...

2つ前の記事で河村隆一さんのお話をしたことで思い出したのですが、我が家にはそういえば1997年ごろになるまで「CDプレイヤー」なるものがありませんでした。ええ、遅いのですよ。なにせ、1998年まで黒電話が現役だったもので。そして、我が家が初めて所有したCD・・・それは、井上陽水さんの『GOLDEN BEST』です。ええ、それまでは図書館で借りていたのですよ。 ...

今回は『深夜特急』(沢木耕太郎)。沢木氏の代表作と言ってもいい紀行小説であるのは誰もが知るところであろう。『深夜特急』に影響を受け実際に旅に出た人も数え切れないほどいるだろう。私は実際に影響を受けた世代ではないが、もちろんすべて読んでいる。 ...

ぷらすです。 国道国道230号、札幌市南区と虻田郡喜茂別町をつなぐ中山峠で売られている北海道名物「あげいも」をご存知でしょうか? 茹でたジャガイモがまるごと入った揚げドーナッツで、ボリューム満点のおやつなんですね。 今回は、そんな北海道名物「あげいも」のレシピをご紹介しますよー!(´∀`)ノ ...

偕成社の「もののけの家」 (ほりかわりまこ)を考察しています。  今回は国内の絵本です。今昔物語に着想したお化けの絵本です。広島に伝わる伝説との比較もちょっと入れてみました。ハロウィーンも近いですし、日本のお化けの話もいいんじゃないでしょうか。楽しんでください。 ...

チベットでもエジプトでも、そして折口信夫のでもなく、ジョナサン・キャロルの小説「死者の書」。創元推理文庫から出版されている。原題は「The Land of Laughs」なので、「死者の書」でも何でもないのだけれどね。これまでの翻訳は次の通りだ。 ...

プレミアリーグとはイングランドのサッカーリーグにおける、トップディヴィジョン。1992年にリーグ改変によりフットボールリーグから分離して新設。8月スタートの5月終わりで、20クラブによるホーム&アウェイの全38節を戦います。世界のリーグの中でもフィジカル的に激しいリーグとして知られるほか、近年はアジア人気も高く各チームが巨額の放映権料によりスター選手を抱えています。 ...

↑このページのトップヘ